今日も素敵な1日を!

幸せごはん1

  • HOME »
  • 幸せごはん1

幸せごはん2

 

幸せごはん3

 

 

佐賀県三瀬ロハスライフ

こんにちは、皆さん!
佐賀県三瀬の山の中で
ロハスライフを楽しんでいる
八谷新子です♪

昔からずっとずっと元気になりたくて
50歳を過ぎてようやく元気になれました。

あれこれあれこれ
あんなこともこんなことも

試してようやく
元気な今があります。

せっかく元気になれたのですから
元気な方とも
そうでない方(?)とも
みんなでどんどん元気になっていけたら嬉しいです!

あれこれやった中で
一番大切だと感じたのは
『幸せごはん』を食べることでした。

『幸せごはん』食べていますか?

食べてないと。。。
びっくりすることが起きるかも。。w(゚Д゚)w

びっくりなことにならないように、ぜひ!食べてくださいね!

ココロの栄養

元気いっぱいに過ごしたい

なのに
ー なんだか
ー どうしても
元気になれない。

そんなあなたにお送りする
幸せごはんのあれこれ
幸せごはんは
ココロも体も元気にしてくれます!

もう一度言います。

幸せごはんは
体だけでなく
ココロの栄養にもなるのです。

みんなで一緒に幸せごはん!
いただきまーす♪

 

 ☆お知らせ☆

 無料個別相談開催しています。

こちらにクリック↓

 

 

インスタグラム hachiya shinkoで

手書きツイートも始めました♪

 

 

 

 

 

 

 ピクルス

 

ピクルスを作っておくとミニトマトやきゅうりなどが少し余った時などでも

ポイポイと入れておくだけでいつでも美味しくいただけます。

 

お野菜が足りないな。というときは

冷蔵庫から出せばいつでもいただけますし、

少し漬かり過ぎた人参などは、刻んでサラダの上に散らしても

見た目も美味しそうですし、サラダの味も良くなりますよ。

 

お寿司を作るとき

ちらし寿司や巻き寿司で使う彩用の

パプリカなどを数時間漬けておくときにも

ピクルス液があると重宝します。

 

本などでは一週間ほどで食べ切るように書かれていますが

私はかなり長い間使います。

色が濁って来たら新しいピクルス液に取り替えるといいと思います。

 

 

材料

お酢   1カップ
水    2カップ
砂糖   80g
塩    大さじ1
唐辛子
粒黒胡椒

 

お野菜は
人参、プチトマト、インゲン、セロリ
きゅうり、パプリカ、大根、カブ
玉ねぎ、カリフラワー、ブロッコリー
アスパラガス、ニンニク、ズッキーニなど

 

1.お野菜はさっと湯通しするか、短めに蒸します。

 

2. 材料を鍋に入れて沸騰したら

すぐに火を止めて、少し冷めたら液を

瓶に入れ、お野菜が暑いうちに漬け込みます。

 

◆  暑い時は特に酸っぱいものが美味しく感じますね。

 

◆お酢は体を冷やす作用があるので、夏にピクルスを食べることをお勧めします♪

 

梅酢のピクルス

梅酢でピクルスを作ってみました。

材料はお酢の代わりに梅酢を使って、少しお酢を足しました。

 

お酢が増えた分、甘くないですし

梅の香りがしますので、おにぎりやお寿司にも合いますよ。

 

国産パプリカはいつも買えないので

ピクルスにしておくと彩りにいつでもパプリカが使えて便利です。

 

 

 

 

マクロビオテック

こちら乳製品、卵などを使わないマクロビオティックスコーンです。

 

なぜマクロビオテックのスコーンなのかな?と思われた方、

多数おられると思います。

 

なぜなら、マクロビオテックは作り方が簡単だからです♪

 

バターの代わりにオリーブオイル

ミルクの代わりに豆乳を使います。

 

オイルがオリーブオイルなので

ベタベタ感も少なく、バターのように生地もダレないので

すごく作りやすいし、汚れものも少ないです。

 

時間がないときのランチタイムにも

これ一つで栄養が取れるように

小麦胚芽、全粒粉、ごま、きな粉、プルーンや自家製ブルーベリー

などがたっぷり入っています。

 

小麦粉はポストハーベストの心配がいらない国内産小麦を使っているので

炭水化物と糖質でも安全なファストフフード

またはスイーツと考えてもらえたらいいと思います。

 

スコーンの作り方

材料:

小麦粉         300g

オリーブオイル     80cc

砂糖          60~70g

豆乳          100cc

B・P                 小さじ2

塩           ひとつまみ

ドライフルーツやナッツ 好きなだけ

 

 

1.全部混ぜて好きな形に切って

190度で15分 焼く

 

 

2.裏を見て焼き色がついて入れば焼き上がり♡

 

 

◆  粉類は全て合わせて300gにします。

◆  割合は8割くらいを小麦粉で2割を他の粉ものにします。厳密に考えないで!

◆  私は玄米フレークなどを入れるのも好きです。

食べた時の食感がサクサク、ザクザクという感じになります。

◆  私は3センチ暑さの四角にして(お弁当箱のような形)

角を切っていって三角の形にします。

 

◆  お好みで丸にくりぬいても可愛いですよ。

 

◆  毎回、材料は変わりますが、今回は初めて大豆パウダーを入れました。

 

◆  パウダーですから、かなり水分や油分を吸ってしまい

いつものレシピ通りではどうしても形がまとまらず、

オリーブオイルと豆乳を足しました。

 

◆  あまりベタつくと切った時に綺麗な形に切れませんし、

水分、油分が足りないとまとめることができず

切った時に形が崩れます。

 

◆  これは何度か作ってみないとわからない感覚ですが

まずは、レシピ通りに作ってみてください。

 

◆  切るときに生地を置くときに、下に小麦粉を敷いて置くと

切ったとき、離れやすく、綺麗に取れます。

 

◆  慣れてきたら、材料は残り物もどんどん使ってください。

◆  豆乳がなければ、スキムミルクを溶かした水でもいいです。

◆  オイルはオリーブオイルでなくても、他のオイル、

マクロビオテックになりませんが、バターでもできます。

 

◆  余ったきな粉をたくさん入れると香りがすごくよくなりますし

少し残ったコーンフレークを入れると歯ごたえがあって美味しくできます。

 

◆  冷蔵庫でも冷凍庫でもかなり日持ちします。

 

◆  膨らみはほとんどないので、どっしりと腹持ちもいいですよ♪

食べすぎ注意!(>.<)

 

 

 

 

おひとり様ごはん

お一人さまごはん♪

 

一人だと色々と作りたくても作れないので

サラダメインでいきます。

 

これで玉ねぎのゴマドレッシングをたっぷり

かけると、とりあえず安心ごはんです。

 

かぼちゃやオクラ、マッシュルーム、アスパラガスは

蒸し器に入れて蒸しあがったところでそれぞれ引き上げていきます。

 

マッシュルームは30秒くらいかな。

 

人参はチーズグレーターでおろすと案外たくさん食べられます。

 

オリーブはおしゃれ感を出したかっただけ 笑

 

玉ねぎはスライサーよりも包丁で切ったほうが薄くて美味しいと思います。

 

夏の大根や、大根の下の方は辛いことがあります。

そんな時は、大根をおろして1時間ほど置いておくと

かなり辛味は取れますよ。

 

こんにゃくや厚揚げの煮物って

いつになったら食べられなくなるのかな?っていうくらい

日持ちします。多めに作って毎日ちょこちょこ食べると

繊維質もしっかり取れますね。

 

日持ちはしますが暑い季節には、火入れはしっかりと!

 

あとは残り物を小皿に入れて

毎日少しずつ食べて

なるべく料理をしないようにしています。

 

私は毎日料理しているように思われているかもしれませんが

かなりしません 笑

 

作るときにいっぱい作って、ちょこちょこ食べです。

 

なので汚れる食器も最小限です。

こんなメニューだと冷蔵庫から出して

あら、もう5時。

はい。夕食!

とすぐにいただけますよ!

 

 

 

 

 今日の献立

日持ちするおかずをメインに作りました♪

うちで採れた玉ねぎ人参のピクルス、甘酢生姜とドレッシングは

傷むことを気にせず、いつでも冷蔵庫でスタンバってくれる頼もしい味方。

唐揚げやナスの煮物、こんにゃくとうずらのたまごは再オーダーでした。(^^)

甘めの卵焼きを入れた巻き寿司は割と日持ちします。

米ナスは田楽でいただきたい!

田楽味噌もかなり日持ちするので多めに作っておくと

忙しい夕食のよきパートナーとなってくれます。

鯖そぼろも定番です。^^

 

 

 

 

 

 

さばそぼろ

材料:

さば
(私は生協の冷凍うす塩さば三枚おろしを2〜3枚を使います。

冷凍ものでも冷凍焼けしていないもの選んでください。)

人参
しいたけ
玉ねぎなどのお野菜
生姜

醤油     大さじ4
みりん、酒  各大さじ2
みそ     大さじ1/2

作りかた:

1. 冷凍鯖は手で皮が剥けますので

半分に折りながら皮を取ります。

 

2. お野菜をそれぞれ切って、炒めます。

 

3.鯖にかなり油があるのでできれば

油なしの方があっさりに仕上がります。

 

4.あとは全部合わせて火が通ったら出来上がり。

 

◆  お弁当にもあったかご飯に乗せても美味しい!

◆  他に炒り卵や、ネギ、海苔などを用意しておいて

各自でトッピングしながら頂くと楽しいですよ♪

 

 

 

 

 

 ひしお(醤)

先日、”ひしお”という発酵食品を初めて知りました。

その時に”ひしおのドレッシング”も頂きました。

もろみのような懐かしい美味しさ。

私も早速作ってみようと

醤を買い求めて作ってみました。

 

 

手頃な容器が見つからずに、瓶に入れました。

これは醤油と水を合わせた直後です。

昆布をたくさん入れたことで

次の日には水分を吸ってお箸では混ぜにくくなり

平たいガラスの密閉容器に移しました。

 

これはもう二週間ほど経ったものですが、

醤油もたっぷりと入っているのでカビたり傷んだりすることは

なさそうだし、何より良い香り〜♪

 

これはもう食べられそうだ。と、10日ほどで

納豆と大根おろしに混ぜていただきました。

 

納豆は毎日いただいていますが、納豆についているタレは使いたくないと

思っていたので、代わりのものを探していた時に醤に出会いました。

 

運命の出会いですね!(大げさ?)

これは納豆と風味共にぴったりです!

大根おろしは日に一回か二回は食べるようにしています。

今は、醤にチリメンジャコも乗せて食べています。

とても美味しいですよ!

これは今朝の私の朝食です。

納豆、お味噌、ぬか漬け、醤と発酵食品がたくさん入っています。

 

人の健康の7割は腸が決めると言われています。

心の健康も腸からなんですよ。

 

幸せホルモンのセロトニンの多くは腸で作られます。

気持ちが少し下向いてきたかな。と、思ったら

こんな朝食をいただくと、気持ちが切り替わることもあります。

 

それは決して気のせいなんかではないのです。

繊維質や発酵食品をたくさん摂って

体と心のデトックスをしましょうね!

 

 

 

 

 醤の作り方

材料:

醤の麹一袋

醤油  600cc

水   300cc

容器  2リットル用

昆布  好きなだけ

材料を全て容器に入れて混ぜます。

 

◆  一週間は日に二回混ぜて、二週間で完成!

◆  温度は麹と一緒で30度が最適です。

◆  昆布をたくさん入れると美味しいですよ。

◆  納豆菌の方が強いらしいので、納豆を触った手で

醤を触らないようにした方が良いそうです。

そういえば、麹屋さんは、納豆を食べないと聞いたことがあります。

菌にも相性があるのですね。

 

私たちのお腹の中も良い菌、悪い菌、日和見菌がいて

バランスが取れている状態が、健康ですので、

いろんな菌を取り込むことはいいことだと思います。

 

なんにしても美味しい!というのが一番ですね!

 

 

 ☆お知らせ☆

 無料個別相談開催しています。

こちらにクリック↓

 

 

インスタグラム hachiya shinkoで

手書きツイートも始めました♪

 

 

 

 

 

 お寿司

お寿司の中でも一番作りたかったちらし寿司を作りました。

自分の好きな具材だけを集めてのせるのは楽しいですよ。

 

お野菜もできるだけいただきたいですし、一層彩りよくするために

パプリカをサイコロ状に切って、甘酢につけたものを散らしました。

 

家族で食べるときはみんなでお刺身の種類や

切る形を話し合うのも楽しいので、作る前からみんな盛り上がりますよ♪

 

切る形は、例えば卵焼きは錦糸卵が好きな人もいればサイコロ状が好きな人もいます。

 

その形に合わせて他の具材の形を合わせると見た目もいいと思います。

 

手巻き寿司もいいな。と思いますが、海苔にご飯をのせて巻くとそれだけで

結構なボリュームになりたくさん食べられませんね。

 

みんなの好きなものをいっぱいのせたら、みんな大喜びです!

4合のお米で5人分から6人分くらいできます。

 

 

 

 

 

 

納豆巻き

納豆巻きは、粒の納豆よりもひきわり納豆の方が切った時、きれいに切れます。

 

お魚を入れないお寿司は日持ちしますので、私は多めに作って、冷蔵庫に入れて

二日間くらいはそのままのいただきますが、3日目以降となると

少しご飯が固くなりますので、そのときはふんわりとラップに包んで

強火で1分ほど蒸して、火を止めて少し蒸らしてからいただきます。

 

蒸し寿司というのがあることを最近聞きました。

 

なるほど、蒸すとそれはそれでまた違った味があるのだな。と思いました。

 

巻き簾は一つ100円くらいなので多めに買っておいて

巻き寿司をお土産としてプレゼントすると喜ばれますよ♪

 

 

 

 

 

 

 巻き寿司

こちらも彩り良い巻き寿司です。

 

具材は、卵焼き、きゅうり、サーモン、パプリカです。

 

パプリカはカラフルなものを細長く切って、ピクルスの液に一晩つけていました。

 

酢飯が割とマイルドなので、具材には少し味がある方が美味しいと思います。

 

もしパプリカがなくても、サーモンのピンク、キュウリの青、卵の黄色で彩りは十分です!

 

 

 

 

 

 

キンパ(韓国巻き寿司)

お肉やお野菜がたくさん入った韓国の巻き寿司 「キンパ」 です。

酢飯は同じ物ですが、具材はほうれん草と人参のナムルと牛肉のカルビを入れました。

キムチを入れたいところですが、子供たちにも食べてもらいたいので

代わりに赤と黄色のパプリカを入れました。

このパプリカは梅干しを漬けた後の梅酢で作って見ました。

こちらは、「1.ピクルス」でどうぞ〜♪

 

ナムルのたれ

材料

ごま油    大さじ 1と 2/1

塩      小さじ 1/3

鶏がらスープ 小さじ 2/3

白いりごま  大さじ 3

蒸すか、茹でたほうれん草や人参とこのタレと和えるだけです。

牛肉のカルビは

細長く切って、焼肉のタレに浸けていたお肉を焼きました。

 

今回、外国産のお肉でしたので、(ニュージーランド産で、ホルモン剤不使用でしたので買い求めました)
焼いた時かなり水分が出ましたので、すりごまを入れて水分を吸わせると

ちょうどいいしっとり具合になりました。

 

材料は、今回、きゅうり、ほうれん草、人参、パプリカ、お肉でしたが

ハム、カニカマ、シソの葉、卵焼き、ツナなど

あり合わせの食材でも十分美味しいキンパ ができます。

 

酢飯にも、炒りごまとすりごまをたっぷり入れました。

 

お肉もお野菜も入っているので、栄養的にもこの一食でも十分だと思います。

 

 

 

 

 

 スモークサーモン寿司

スモークサーモンは真空パックに入っていることが多いので買い置きしておけば、

食べたいときにいつでもサーモンのお寿司がいただけます。

 

夏は柿の葉が青々としてきれいですよね。

 

冬には一枚も残らない柿の葉っぱ

昔から柿の葉は夏祭りのご馳走として使われていたそうです。

夏の間にお料理にたくさん使ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

  酢飯の作り方

酢飯には失敗した苦い思い出がありましたが

トライしてみると、あれ?というほど簡単なので作ってみてください。

材料

米 2合 (300g)

酢     1/4カップ

砂糖   大さじ 1 と 1/2

塩    小さじ 1

 

1. お米は洗って、30分ほどザルにあげて水切りします。

 

2. 木の桶を水で濡らしておきます。

 

3. いつもより少し少なめの水で炊き上げます。

 

4. 合わせ酢を作ってよくお砂糖とお塩を溶かしておきます。

 

5. 炊き上がったご飯を一気に木桶に移し

すぐに合わせ酢をかけて、シャッシャッと切りながら

大急ぎで冷まします。(混ぜすぎないように)

 

◆  2合くらいだとうちわでもご飯を冷やすことができますが

3合以上になると案外大変です。

私は左手に扇風機、右手にしゃもじを持ちます。^^;

お手軽が好きです♪

 

◆  酢飯があれば、巻きでも、いなりでも、ちらしでも、にぎりでも何でもできますよ!

 

 

 

 

 

いなりのあげの作り方

材料:

あげ 8枚くらい

だし汁  200cc

砂糖   大さじ1

醤油   大さじ3

 

1. あげは、ペーパータオルでぎゅっと押さえて

油抜きを兼ねて、酢飯を入れられるようにあげの間を開けてから

半分に切っておきます。

 

2. 作ったいなり寿司のだし汁にあげを入れて煮ます。

どのあげにも、しっかりだし汁が染み込むように

何度か上下を返してください。

数時間から一晩置くとしっかり味が染み込みます。

 

 

 

 

 

ぬか漬け

日本の伝統食で一番体にいいものは

お味噌とぬか漬けだと思います。

 

『毎日混ぜることが大変!』

それが第一印象ですね。

 

私も今年の夏(2018年)3度目の失敗をして

ぬか床を改めて作り直しました。

 

失敗の原因は

糠を足したのに塩を十分に足してなかったことと、

混ぜる頻度が少なかったこと

また、

糠床は臭いもの。と思い込んでいましたが

新しい糠床は、香ばしい香りに

ぬか床の酸味のある甘い香りがします。

 

味と香りをいつも確認していなかったことが失敗の原因でもあります。

 

何が足りていないのか、感覚で感じ取ります。

 

毎日かき混ぜることは大変だという気持ちを

菌が体に付着して体を元気にしてくれる!と

考えながらかき混ぜると糠床も元気になってくれます。

 

嫌々な気持ちは

すごくぬか床を弱らせます。

 

『糠床ちゃん、元気でいてね。』と願いながら、

私は毎朝、毎晩の日課にしています。

 

 

ぬか床の作り方

材料:

生ぬか  1kg

水    1L

自然塩  130g

昆布  1~2枚

煮干し  3匹

唐辛子  2本

捨て野菜 適量

容器:ホーローの蓋つきポット

作り方

全材料を入れてよく混ぜ

表面を平らにならして蓋をします。

 

ぬか床のアルコール臭

 

ぬか漬けは野菜の乳酸菌を発酵

させるものです。

乳酸菌が発酵するときに

アルコールのような成分が出て来ます。

アルコール臭は、乳酸菌が発酵している

証拠ですので、腐敗ではありません。

ただ乳酸菌が過剰発酵しているので

ぬか床を休ませてあげましょう。

・よくかき混ぜて、通気性をよくしてあげる。

・落ち着くまで野菜は漬け込まない。

・水分が多いときは新しい糠を入れて

水分を減らす。

・落ち着いたら、捨て野菜で

乳酸菌の元を増やします。

ぬか床は、生き物です。

ペットのように、いつも

目配せをして、愛情たっぷりで

育てましょうね。

 

 

◆  最初の10日間は一日二回ほど下からしっかり混ぜます。

 

◆  そのあとは一日一回でいいのですよ。

でも、夏場は一日2回の方が安全です。

 

◆  二週間から二十日ほどで美味しいぬか床ができます。

 

◆  お野菜を入れるときは塩を刷り込んでぬか床に入れてくださいね。

 

◆  塩気が減るとカビが発生しやすくなります。

 

◆  ぬか床の情報はこちらにもあります。
「腸活」「育菌」のススメ

 

◆  誰が作っても美味しくできます。

 

◆  女子力アップしたい方にも

どうぞオススメです〜♪

 

◆ お野菜を糠につける時間は夏と冬では違いますが

夏だとキュウリで2時間くらいを目安にしています。

物の本によっては7時間や12時間とあります。

どちらにしても、お好みですが、浅いぬか漬けは洋食にもあいますし

サラダ感覚で食べるのが私の好みです。

◆ 私は基本的に糠床は冷蔵庫にはいれません。

家を空ける時だけです。

でも、暑すぎるのは良くないので(40度以上)その時は

冷蔵庫の方が糠床ちゃんももホッとするでしょうね。 笑

ただし、あまりずっと入れておくと発酵が進まないので

たまには出してあげてください。

 

◆ ぬか床を美味しくするための隠し味

・鷹の爪

・昆布

・鰹節

・柚子の皮

・柿の皮

・干し椎茸の軸

 

ポテトマカロニサラダ

言わずと知れたポテサラですが

私はあまり今までポテトサラダは作っていませんでした。

 

でも、最近、たまに食べたくなって作るようになり、

今回はマカロニも入れてみました。

 

マカロニを入れると水分を吸って

パサパサになってしまうのですが

ネットで調べて、その問題は解決しました!

 

マカロニを少し長めに茹でて

その後、水で洗います。

 

それだけで、パサパサ感がなくなります。

 

プラス、塩もみのきゅうりと、薄切りの玉ねげを入れることと

豆乳200ccを入れます。

 

味が薄まるので、塩胡椒をした方がいいと思います。

 

お野菜も色々と入れるとこの一品だけで十分栄養が取れますよ。


今回の材料は、ジャガイモ、きゅうり、玉ねぎ、人参、インゲン、ハム、マカロニ、豆乳、マヨネーズ、塩コショウです。

ハムはあまり使う食材ではありませんが、ポテトサラダは、ゆるいジャガイモのソースで

お野菜を和えるお料理だと思っています。なので、なるべく味が濃いものが素材にないと味がぼやけてしまうので

ハムは入れた方がいいかな。と、思います。

 

豆乳はいつも200cc入れます。バシャバシャな感じになっても冷めると

固まるので、いつも紙パックの豆乳は買い置きをしています。

 

豆乳はマクロビオテックには欠かせません。

これはマクロビポテトではありませんが。。

余談ですが、こちら3段重ねの蒸し器です。

ペルーから来られた方のカレー店で購入しました。

 

もう十年以上前にだと思いますが、電子レンジをやめてから

出番がすごく多くなりました。

 

下段に蒸すのに時間がかかるお野菜を入れて、蒸しあがったら上から取っていきます。

 

小さめなのでお湯もすぐに沸いて使いやすい蒸し器ですよ。

 

お野菜は茹でるより蒸す方が栄養価が残ると聞いています。

蒸し器も使ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

梅干し

こちら少し青めの梅です。

こちらは熟している梅も入っているのでとてもいい香り〜♪

一キロ400円から600円くらいでした。

 

二年ほど梅干しを作っていなかったので

今年は六月に入りすぐに梅を買いに行きました。

 

梅の買い時って、すごく難しいです。

もう少し待ったら、熟した梅が手に入るかな。と、待っていると

突然、『梅がなくなっちゃった!”ということもあり

今年は早めに購入しました。

 

地元で採れたものなので形は不揃いですが、それがいいなって思います。

 

ラッキーなことに無農薬梅も同じ値段で買えました。(*⁰▿⁰*)

 

 

梅干しの作り方

 

材料

 

梅    1キロ        梅   8キロ

塩  180g                     塩   1.5キロ

赤しそ 100g                  赤しそ  800g

 

赤しそ用塩  18g            塩    150g

 

 

作り方

 

1.  梅をさっと洗って、布巾で拭きます。

2. 竹串で梅のヘタを取ります。

3. 一握りの塩をカメに入れて梅を入れる。を、繰り返します。

4. 重石を乗せて、水が上がるのを待ちます。

だいたい三日ほどで水が上がって、梅がすっかり水の中に入ったら重石を軽くします。

 

 

 

5. 梅雨明けしたら、カメから取り出して、天日干しをします。

 

 

 

きれいに乾いたら、瓶やカメに入れて保存します。

 

 

 

◆ 簡単ですが、竹串でヘタを取るときに傷つけないようにした方がいいですよ。

傷がつくとそこから菌が発生して、食べられなくなる可能性があります。

◆ 案外、カビたりすることも多いので、カメや瓶は必ず消毒してください。

◆ 梅を干したときに、何度かコロコロと裏返して、満遍なくお日様を当ててくださいね。

◆ 干してきれいに乾いたら、ビロードのような皮になります。

◆ 瓶に入れるときに、傷がついているものは、小さなガラスの容器に入れて

冷蔵庫で保管して、なるべく早く食べるようにしましょう。

傷は大敵です〜。

◆ 一カメに8キロの梅が入りますので、今回は16キロの梅を漬けました。

◆ これで二人で二年分くらいだと思います。

◆ お味噌も梅も三年ものが欲しいので、来年もまた作りたいと思います。^.^

◆ 買ってきた梅はとってもいい香りですよ!

◆  梅干しには抗酸化作用や鉄分が多く含まれているので貧血の方にとてもいいそうです。

女性は鉄分不足の方多いので、心と体の健康のためにもぜひ一日一個の梅干しをおすすめします。

◆ 今年作られなかった方は是非、来年、トライしてください〜♪

 

 ☆お知らせ☆

 無料個別相談開催しています。

こちらにクリック↓

 

 

インスタグラム hachiya shinkoで

手書きツイートも始めました♪

 

 

 

揚げ鶏

 

本場の油淋鶏(ユウリンチ)を食べたことはないのですが

うちではこれを油淋鶏と言います。

 

たくさん人が来られる時や

好みがよくわからない方などは

鳥肉が好きかどうかだけ聞いて

これを作っておくと、多くの方はとても喜ばれます。

 

私は揚げ物は一回で油を捨てることにしているので

揚げ物をするときは一度にたくさん揚げます。

 

 

この油淋鶏は、たくさん作っても

ソースにお酢が入っているからか

とても日持ちがよく、また冷めても美味しいので

お弁当にぴったりです。

 

ソースはいつも多めに作って

トマトにかけたり、チャーハンに使ったりします。

ソースもかなり日持ちしますよ!

 

揚げ鶏の作り方

材料:

鶏もも肉二枚

片栗粉

1.  もも肉に塩・胡椒をして

片栗粉をまぶし、中火でじっくり揚げます。

 

ソース用の材料

ねぎのみじん切り  たくさん

赤唐辛子     1本

醤油      半カップ

砂糖      大さじ 2と2/1

酢・酒     各 大さじ1

 

1. ねぎと赤唐辛子をオリーブオイルで炒めます。

2. 醤油、お酒と砂糖を入れて、砂糖が溶けたら

火を止めてお酢を入れます。

 

◆  鶏肉はかなり時間がかかります。

長い時間揚げても、固くなりませんので、

ゆっくり時間をかけて揚げてください。

 

◆ 私は、たくさん揚げるので、いつも外で揚げます。

二枚を中華鍋で揚げるとだいたい20分以上かかります。

 

◆ 少し冷めたら、包丁で1.5センチくらいに切って

熱いうちにソースをかけるとソースがしみて美味しくなります。

 

◆ ソースは残ったら瓶に入れて、冷蔵庫で保存するとかなり日持ちします。

他の揚げ物やトマトなどにもかけたりして使ってみてください。

◆ 冷凍にも向いています。

◆ 揚げ物は油の温度がかなり高くなりますし、たくさん揚げると

酸化も進みますので、油は一回で捨てましょう。

少し勿体無い気がしますが、唐揚げなどを買うよりもかなりお得ですし

酸化した油を体に取り入れないことを考えるととても健康にいいことです。

 

油淋鶏とサーモンの巻き寿司は

私の大好きな取り合わせ。

 

子供も大人も大好きな人気メニューです。

 

 

 

食養食

食養生のふるさと村で食養食を頂いたので、私も作ってみました。(^0^)/

冷蔵庫にあるものと、畑や山にあったものだけで作りましたが、割と品数が多くなり

よく噛んで食べると1時間近くかかりますが、お砂糖を使っていないので、

すっきりとしたあと口で、満腹感もバッチリですよ (^з^)-☆

 

左上から、黄色のミニトマトと生のズッキーニに胡麻味噌ドレッシング

時計回りに右は、温泉卵。いつものほんまさんの卵が手に入らなかったので、少し黄身の色が強いです。

そのお隣は、あした葉のおひたし。少し固かったので、長めに茹でて、醤の醤油部分だけをかけました。

またそのお隣は、お豆腐に、醤とシソを刻んだものを乗せました。

右下は、フキが斜面にあったので、魚粉とお醤油であっさりと煮ました。

その下は、最近ようやく採れるようになって来たブルーベリー。粒も揃って、甘くて美味しいです。

左横は、玄米ご飯。

その左横は、お味噌汁の上に、畑で採って来たニラを乗せました。

また左横は、パプリカのピクルス漬けです。こちらは少しお砂糖が入った液に入っていたので

少し甘いですが、梅の味がなんだか懐かしさを感じさせてくれますよ。

上は今年漬けた梅干し。

真ん中左は、切干大根の醤油漬け。右隣は、ピーマンを種ごと塩で炒めてちりめんを加えました。

ピーマンの香ばしさがとても美味しい一品です。

最後の右となりは納豆に醤を混ぜたものです。

 

玄米は必ず百回噛みなさい。と、食養を教えて頂いたふるさと村で言われたので

それは必ず守っています。

そのほかのおかずもなるべく、噛んで、ゆっくりと40分から50分かけていただきます。

 

こちらは、今朝、畑と山から採って来た食材です。

赤いミニトマトかいちごときゅうりがなかったのが残念でしたが

ズッキーニはキュウリの代わりに生でいただけるのでよかったです。(^O^)♪

 

畑で採れた少ない野菜でも、品数が多いと、とても豪華に見えますね。

私もタレがあったので、この品数を作ることができましたが、

なければ、朝食には間に合わなかったと思います。

 

◆  時間のあるときに、醤油にシソとニンニクを漬けるだけのタレだけでも作っておくと

とても重宝して、夕食に一品二品追加できて活躍してくれますよ。^.^

 

 

コーンスープ

久しぶりに作ったカルボナーラですが、

今回はこちらでなく、

コーンスープがメインです。

 

材料:

玉ねぎ     2〜3個

じゃがいも 小一個

コーン缶  小一個

豆乳     200cc

塩     小さじ1〜2

1. 玉ねぎ、じゃがいも、コーン缶は

鍋で10分くらい煮ます。

 

2. 柔らかくなったら 1. に

豆乳を入れて、ハンドブレンダーで

混ぜ、塩で味を整えます。

 

あっという間にできちゃうコーンスープ。

大人も子供も大好きですよ。

 

◆  豆乳は、スキムミルクでも、牛乳でも良いです。

◆ 傷みやすいので、いただくときには必ず火を通してくださいね。

ただ、じゃがいもが入っていて、火が通りにくいので

食べたいときに、必要な分だけ作りましょう。

 

◆ 残ったコーンスープは

グラタンなどの時に使えますので、

カップに入れて冷凍しても良いと思います。

 

◆ とにかく、簡単で栄養価もあるので

ぜひ、作ってみてください!

 

スムージー

 

グリーンスムージー

 

今まで、スムージは生のお野菜や果物で作られているので、

体を冷やしてしまうことが気になり、少し敬遠していました。

 

でも、今は暑い季節ですから

フレッシュなお野菜で酵素を摂るのは

私たちの体にいいと思いますし、

美味しく作れば

ジュースがわりに、

お野菜をたくさん入れれば

食事代わりにもなります。

 

材料:

小松菜         1/4 束

ズッキーニ又は、きゅうり  一本

アボカド         半分

バナナ          一本

レモン汁         少々

 

1. 全て材料を入れて、ハンドブレンダーか

フードプロセッサーでなめらかになるまで撹拌します。

 

3.上にアボカドやトマトを乗せます。

 

その他トマトや野菜ジュースなどをいれてもいいと思います。

甘みはできるだけ少なくして

糖質を抑えた方がヘルシーですね。

 

食物酵素は免疫力アップや

デトックス効果もあるので

食事を少し控えたいときに飲まれると

内臓が休むことができて体が楽になりますよ。

 

◆  大きな器で作るとたくさんできてしまいます。

生のお野菜なので、すぐに色が変わって栄養価も下がってしまうので

一度に飲める量だけ作ります。

 

◆  こちらもやはりよく噛んで食べるようにして

頂くと、からだの負担がより少なくなります。

 

◆  甘みを抑えたいときは、熟したアボカドを使って

バナナを省くと良いですよ。

 

 

チョコスムージー

ココアを入れたチョコレート味のスムージーです。

材料:

木綿豆腐      半丁

ココア        大さじ1

ヨーグルト            100cc

バナナ       一本

アボカド     半分 (3切れは上に飾ります)

フローズンストロベリー  お好きなだけ

 

グリーンスムージーと同じように

滑らかになるまで撹拌します。

 

◆  この量だとコップ2杯分くらいできます。

 

◆  スイーツとして食べる時は

はちみつを入れたりして甘みを調節してください。

コップに刺しているのは、ココナッツオイルで作ったチョコレートです。

これだとアイスクリームを食べるよりもヘルシーですね♡

 

◆  ダイエットのためなど、栄養重視であれば

できるだけ糖分を控えた方がいいと思います。

でも、バナナがないとちょっと苦くてキツいかもしれませんね。^^;

 

◆  スムージーの良さは、材料が全て撹拌されているので

胃腸を働かせずに栄養と、酵素が取れるというところですので

できるだけ糖分を控えた方が目的に叶っていると思います。

そして、作る時間が少ないことも魅力ですね。^.^

材料を揃えておけば、10分もかかりません。

気軽に美味しくいただけます。

 

 

にんじんスムージー

夏に汗をたっぷりとかいた時は

やっぱりスムージーが一番ですね。

材料をキンキンに冷やして

一気に混ぜるとちょうどいい温度になります。

(できれば、氷なしで。)

 

材料:

にんじん                    半分

ズッキーニ                  4/1本

ミニトマト         5個くらい

ヨーグルト 又は 豆乳   50cc

にんじんジュース      100cc

レーズン          大さじ1

 

トッピング:

マンゴーの角切り      半分

くこの実          数粒

 

◆    甘みが欲しい時はバナナを入れてください。

◆   暑い時は胃腸も弱っています。

あまりゴクゴク飲まずに何度かに分けて飲むと

消化吸収が良くなり体が元気になります。

◆  にんじんジュースは国産で良質のものなら

それだけで甘くなりますし、色も綺麗になりますよ。

 

 

飲茶みたいなごはん

ちょっとだけ

いろいろあるって

なんだか嬉しいごはんですよね。

飲茶風ごはんです。

 

左から

 

ココット

 

材料:

じゃがいも     1個

卵         1個

溶けるチーズ    大さじ1

 

作り方:

1.  じゃがいもを細長く切って蒸します。(レンジでもOK)

2.  じゃがいもを耐熱容器に入れて卵を割り入れて

チーズをのせる。

3.  トースターで20分くらい焼く。

 

◆   今回は焼きすぎだったので、20分くらいで

一度チェックして下さい。少し柔らかい卵の方が美味しいと思います。

 

 

ビーマンのかぼちゃグラタン

材料:

ピーマン       半割り

かぼちゃ       1/4

クミン        ひとつまみ

溶けるチーズ      適宜

赤パプリカみじん切り  適宜

 

作り方:

1. ピーマンを半割りにしてヘタを取る(できればタネは頂きたいです)

2.  かぼちゃを蒸して、マッシュして、クミンを入れる。

3. かぼちゃをピーマンに入れてチーズを乗せ、

トースターで焼いた後、赤パプリカを散らす。

 

◆   ピーマンの肉詰めをいつも作っていましたが

今回はかぼちゃを入れてみました。

クミンを入れるとカレー風味で甘くて美味しいピーマンになります。

 

蓮根の鶏ひき肉詰

材料:

鶏ひき肉         200g

赤パプリカみじん切り    1個分

みそ           大さじ1〜2

片栗粉          大さじ1

小麦粉          大さじ1

蓮根           一節

 

作り方:

1.  蓮根を7ミリに輪切りにする。

2.  鶏ひき肉、みそ、片栗粉、

赤パプリカみじん切りを混ぜる。

3.  蓮根に小麦粉を振り、2を挟んで油であげる。

 

◆  蓮根が少し厚めなので

160度くらいの油でゆっくりあげて下さい。

赤パプリカの色を出したいのであまり揚げすぎない

方が綺麗な色味になります。

 

かぼちゃのスープ

 

材料:

かぼちゃ          半分

玉ねぎ       2個

水             100cc

豆乳        200ml

塩、こしょう

 

作り方:

 

1.  乱切りにしたかぼちゃと玉ねぎを水を入れて

鍋で10分ほど煮ます。

2.  豆乳を入れてハンドブレンダーで攪拌。

3.  塩、胡椒で味を整えます。

 

◆  多めに作って、余ったら

冷凍して、スープのまま、またはグラタンなどにも使えます。

◆  傷みやすいので、早めにいただくか、冷凍して下さい。

冷蔵庫で2〜3日くらいです。

 

ナスの田楽

 

材料:

まるナス     1個

みそ       大さじ2

みりん      大さじ1

砂糖       大さじ1

くこの実     5粒

すりゴマ

 

作り方:

1. ナスは半割りにして、フライパンに油を引いて

面裏をじっくり焼く。

2.みそ、みりん、砂糖を混ぜて、ナスに塗る。

3.くこの実とすりゴマをのせます。

 

◆  私はいつもこの作り方で作っておいて

いただくときに、トースターや蒸し器で温めて頂きます。

ナスを焼くのに少し時間がかかるので、先に作っておいたほうが

すぐに食べることができて便利ですよ。

 

おいなりさんは

お寿司のところにレシピをのせています。

 

たくさんあって、大変なようですが

どれも3ステップでできる簡単な料理です。

お肉は蓮根の挟み揚げと、ココットとピーマンの詰め物に

チーズを使っただけなので、お野菜いっぱいの飲茶風ヘルシーごはんです。

 

 

マクロビ・パンプキンスイーツ

マクロビの便利さにはまっています。

オイルはオリーブオイルだけなので、ベタベタ感がありませんし、

材料は冷蔵庫にあるものだけですぐに作れます。

かぼちゃでモンブランを作るつもりでしたが

クリームに豆腐が入っているので

モンブランのように綺麗に絞り出せませんでしたが

かぼちゃを飾るとそれなりに可愛く仕上がりました。

 

材料:

かぼちゃケーキ (カップ6〜7個分)

薄力粉              75g

ベーキングパウダー  小さじ1

豆腐(下ゆで)    50g

マッシュかぼちゃ   100g

豆乳                100g

オリーブオイル     50g

砂糖         30g

 

 

かぼちゃクリーム

マッシュかぼちゃ   100g

豆腐(下ゆで)    100g

豆乳         50cc

砂糖         大さじ1

 

作り方

1.  薄力粉とベーキングパウダー以外をハンドブレンダーで混ぜて

薄力粉とベーキングパウダーを振り入れ

木べらでさっくりと混ぜます。

2.   180度のオーブンで15分、

170度で5分焼きます。

3.   クリームの材料をハンドブレンダーで混ぜます。

4.  冷ましたかぼちゃケーキにクリームを絞り出します。

 

◆   薄切りしたかぼちゃを蒸して

ケーキの上に乗せて、クコの実を乗せました。

◆  甘みは、かぼちゃの甘さで違います。

味見して調節してください。

◆  一日か二日経った方が、しっとりして美味しいです。

◆  私はいつも豆腐は下ゆでしますが

気にならない方はそのままでも良いと思います。

◆ BPは、多めに入れてしまうと、苦くなってしまいます。気をつけて入れてくださいね。

 

 

ハンバーガー

体に悪い

ジャンク(クズ、ガラクタ)フードの代名詞になっている

ハンバーガーですが、

自分で手作りすれば

みんな大好き

体に美味しい

ハンバーガーになります。

 

ハンバーガーは2つとか3つだけ作ると言うのは大変なので

今日は絵にしております。ご了承くださいませ。^.^

 

さて、ハンバーガーの汚名返上をいたしましょう。

 

材料:

ハンバーガーバンズ

パテ

トマトソース

お野菜 (トマト、レタス、ピクルス、きゅうりなど)

お好みでチーズ

 

ハンバーガーバンズの材料

強力粉       400g

ぬるま湯    230〜250cc

オリーブオイル  大さじ1

お砂糖      大さじ1

塩        小さじ1

ドライイースト  小さじ2

作り方:

1:フードプロセッサーに捏ね用の羽をつけて

オリーブオイル以外を全て入れてこねる

2:フードプロセッサーから取り出して

オリーブオイルを入れて手でこねる。(5〜6分くらい)

3: オイルを塗ったボウルに入れて

生地に材料以外のオイルを塗り、

ラップをして温かいところ、またはオーブンで30度くらいで

90分(一次発酵)

4:ボウルから取り出して、一個69〜70gほどの丸い形にして

さらに90分(二次発酵)

5:オーブンで180度で13分ほど焼く。

 

◆  裏を見て、焼けているか、乾いて入れば焼き上がり。

裏が焼けていなければ、さらに3分か5分ほど焼いてください。

 

◆ このバンズを半割りにして

パテ(ハンバーグの薄くて小さいもの)や

チーズ、お野菜とトマトソースを各自でかけて頂きます。

 

◆  パテは子供に自分で成形して焼かせると

喜んでお手伝いしてくれますよ。

 

 

全粒粉パン/練りごま

福岡県糸島でとれた

全粒粉でパンを焼きました。

焼き方はハンバーガーのバンズと同じです。

材料は普通の強力粉を全粒粉に変えるだけです。

 

材料:

全粒粉強力粉     400g

ぬるま湯             250~80cc

オリーブオイル    大さじ1

砂糖         大さじ1

塩          小さじ1

イースト菌      小さじ2

 

作り方:

1:フードプロセッサーに捏ね用の羽をつけて

オリーブオイル以外を全て入れてこねる

2:フードプロセッサーから取り出して

オリーブオイルを入れて手でこねる。(5〜6分くらい)

3: オイルを塗ったボウルに入れて

生地に材料以外のオイルを塗り、

ラップをして温かいところ、またはオーブンで30度くらいで

90分(一次発酵)

4:ボウルから取り出して、一個69〜70gほどの丸い形にして

さらに90分(二次発酵)

5:オーブンで180度で13分ほど焼く。

 

◆  私が使った小麦粉はかなり水分を吸いましたので

いつもより多めにお水を入れました。

◆ 普通の強力粉よりかなり膨らみがありません。

 

◆ 少しハード系のパンですから

私は練りごまとメイプルシロップを混ぜたものを塗って食べます。

黒ごまの練りごまでも美味しいですよ。

 

 

 

 

グルテンフリー・クッキー

 

 

 

 

グルテンは体に良くないと言われだして、随分経ちますが

ようやくその意味がわかり、このクッキーを作ることにしました。

グルテンに関しては、こちらをどうぞ。

 

材料:

 

粉                                    180g

片栗粉                                    20g

アーモンドプードル        40g

 

はちみつ(メープルシロップ)   100cc

オリーブオイル          60cc

塩                ひとつまみ

 

 

作り方:

 

材料をしっかり混ぜて、型抜きして、

160度で15分

150度で10分焼きます。

 

 

◆  粉は今回はこれらを入れました。

左上の英語の表記の粉は、ひよこ豆と空豆の粉。

その隣は、ソルガムフラワーといって、モロコシやタカキビなどの雑穀の粉です。

玄米の粉も入れました。^^

 

◆ 豆が入っているせいか、ホロホロした食感です。

赤ちゃんが食べるたまごボーロの硬い感じでした。

 

◆ いつもはお砂糖を入れるのですが、豆が多かったせいか

少し甘すぎましたので、レシピにはお砂糖を入れていません。

 

◆ 厚さによっては、160度15分で焼きあがります。

 

◆ 小麦を省いただけで

あとは、マクロビオティックと同じ材料と作り方です。

 

◆ 良いところは、余った粉がなんでも使える。

と、いうことがわかったこと。

きな粉、片栗粉、ごま、上新粉など

使いかけで、残って困っているものをなんでも入れました。

なぜなら、これらは全てグルテンフリーですので。^^/

 

◆ 困ることというのは、特別ありませんが、

小麦粉が入っていないと粘りがないので

作りにくい(形が壊れやすい)ことくらいでしょうか。

 

◆ 栄養のことを考えると

これだけでも食事に近い栄養があると思います。

カロリーメイトを買うのなら

甘みを抑えて、こちらを作った方が体にいいですよ。

 

最近は、粉ものの種類がどんどん増えて、

益々、クッキー作りが楽しくなりました。

 

(上左端)最近マイブームの米粉ですが、こちらの米粉は

無農薬、無肥料のお米からできています。(嬉!)

 

(米粉右隣)最近は、平飼いで、飼料も考えられた

卵が増えてきました。

嬉しい限りです。   (嬉)

 

(キャロブチップス、キャロブパウダー)

キャロブはマメ科の植物なので、カルシウムや鉄分、

食物繊維が豊富で身体に美味しい健康食材です。

果肉自体に甘みがあるので

チョコレートの代用品にもなるのです。

 

(上右端)ベーキングパウダーのアルミフリーは

もう当たり前になりましたが、

このベーキングパウダーは、

第一リン酸カルシウムも入っていません。

ドイツ製なので少し高額ですが、お値段よりも

良いものを使いたいですね。

 

(キャロブパウダー右隣)

いちごパウダーは、天然の素材の色味として

使いたい食材です。

250円と案外安価なのも嬉しいですね。

 

(いちごパウダー右隣)

健康食品の会社  ネオファームの

かぼちゃの種は、原料にこだわったいる

にも関わらず、安価です。なぜなら、

これは生なので、一度炒る必要が

あるからです。

安価で買えるのなら、一手間は惜しみません。^.^

 

(下右端)トウモロコシ粉を混ぜると、

美味しくなるので、遺伝子組み換え

でないものを選びました。

 

◆  摂りたい栄養素をこれらの

粉から、美味しいおやつとして頂けるので、

ぜひ色々な食材を試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のお惣菜

 

久しぶりに作ったお惣菜11品

今回は、お弁当用で日持ちするものを多く作りました。

お魚料理は得意ではありませんので

いつも、いわしか鯖かサーモンばかり。。^^;

 

いわしの梅干し煮を土鍋で作ってみました。

コトコト煮るのは、やはり土鍋がいいですね。

 

レンコンは、いわしのつみれを挟んで焼き、

そのあと、甘辛く炊きました。

これは冷めても美味しい!

しかも食べ応えあり!

 

真ん中の小さな器に入っているのはラタトゥユです。

うちで採れたズッキーニーとトマトを鹿のハムで煮ました。

トマトの甘さがすごく際立っていて、サラリといただけます。

 

黄色の器に入っているのは、

久しぶりに作ったチキンカレーです。

チキンとカレーの相性はやっぱりぴったりですね。

安心な味。

こちらもサラリとしたお味です。

 

赤い器は厚揚げとキムチ炒めです。

キムチにはしっかり味がついているので

油もひかずにただ、厚揚げとキムチを炒めるだけの料理とは言えない料理ですが

日持ちもしますので、オススメの一品です。

ぜひ、作ってみられてください。

 

ひじきの煮物は夫のオーダーです。

それもレバーいり。

これは栗原はるみさんのレシピで

うちでも定番になっています。

レバーは残留物(抗生物質や餌に含まれる添加物など)が気になるところですが

レバーはたまにはいただきたくなりますね。

 

 

ゴーヤが最盛期です!

今日の一押しは

ゴーヤの天ぷらです。

ちょっと甘めの衣で、

お弁当にもビールのおつまみにもいいですよ!

 

材料:

ゴーヤ         一本

小麦粉または米粉    半カップ

お砂糖         大さじ1〜2

醤油          大さじ1〜2

卵           一個

氷           一個

 

作り方:

1.  衣の材料をよく混ぜます。

2.  ゴーヤを切って、衣を満遍なくつけて

油でカラリとあげます。

 

◆ ゴーヤに衣をつける時は、手でつけたほうが綺麗につきます。

衣がきちんとついていないと美味しい天ぷらになりません。

◆  氷を入れるのは、カラリとあげるためです。

◆  ゴーヤを衣に入れて少しおいておくと水分が出ます。

お水を入れすぎると、すぐに衣が水っぽくなるので水分は加減してくださいね。

◆  お砂糖とお醤油が少し多いですが、ここは一つ、美味しさ優先で!

◆ 温度は高めで、時間は短めに揚げてください。

長く揚げるとゴーヤの食感がなくなってしまいます。

なので、揚げている間はじっと見守って、いい色合いになったら素早く揚げてください。

◆ 冷めたら、トースターで温めなおすと美味しいですよ。

 

 

 

玄米ごパン

グルテンフリーに少しハマっています。

私はアレルギーなどはありませんので、

外食ではパンを食べたりもしますが、

おうちではできれば体に良くないと言われるものは、取り入れたくないですよね。

 

これは玄米でできますし

見た目も可愛い!

おやつに、軽食にどうぞ!

 

材料:

玄米ご飯      100g

玄米粉       100g

豆乳                         50cc~

ねりごま      大さじ1

砂糖        お好みで少々

塩         ひとつまみ

 

作り方:

1.  材料をフードプロセッサーなどでこねて、

5センチほどのボール状の形を作る。

2.  180度のオーブンで20分から30分焼く。

ただ丸めるだけです。簡単でしょ?

子供達でもできますよ。

 

オーブンシートに並べました。

ベーキングパウダーも、イーストも入れていないので

出来上がりは一回り大きくなるくらいです。

 

◆ 豆乳はご飯の柔らかさもあるので50ccくらいから

混ぜて、耳たぶほどの柔らかさの生地にしてください。

 

◆  オレンジ色の玄米ごパンは、人参を茹でて潰したものを、プロセッサーで

混ぜた後、混ぜました。人参はかなり水分があるので、豆乳は控えめにしてください。

 

◆ 黒の粒は、黒ごまです。こちらも生地をこねた後、混ぜてください。

 

◆ 焼いたその日はそのまま食べられますが、次の日にはかなり固くなってしまいます。

薄く切って蒸して温め直すか、お餅のような感覚でお味噌に入れても美味しいです。

お味噌汁に入れるときは、前もってパンを入れて柔らかくしてから、お味噌を入れてください。

 

蒸し鶏の人参ソースかけ

寒くなってきたのに、こんな夏っぽい料理にしたのは

こちらの本のせいです。

フレンチなのですが、生クリームやバターを使っていないフレンチなのです。

野菜のピュレがソースですので、とってもヘルシーで色も綺麗。

私が作ってみたいと思ったのは、人参ソース。

色あざやかなオレンジ色のソースのかかった、柔らかい鶏肉を食べたくて

このお料理になりました。

 

人参ソース

材料:

 

人参         一本

玉ねぎ        一個

人参100%ジュース  一本

オレンジの薄切り   数枚

塩          少々

 

作り方

1.  人参と玉ねぎを煮て、ハンドブレンダーで混ぜます。

2. 人参ジュースを加えて一煮立ちさせて、塩で味を整えます。

3. 蒸した鶏肉にソースをかけて、薄切りのオレンジを乗せます。

 

◆ 暑い夏だと、ソースは冷やしていただくといいと思います。

 

◆  鶏肉は、胸肉を沸騰させないように、ボイルして

火を止めて、蓋をして、もう一度沸騰しないくらいにお湯を熱くして

冷めるまで待つと、パサパサ感がなく柔らかい蒸し鶏になります。

保存はボイルした水のまま、冷蔵庫に入れておけば、3日くらいは大丈夫です。

 

◆ ソースといっても、味付けは塩だけですので、

スープとしても頂けます。

 

 

ラタトゥイユ

 

 

え?今頃、ラタトゥイユ?

って感じですが、

秋になってから、トマトがどんどんできてきたので

トマト一括消費するならラタトゥイユしか思い浮かばなかったのです。

トマトの赤とオリーブ、ねりごま の黒がちょっと大人チックな色合いの朝食ですが

黒練りゴマにメイプルシロップを混ぜて、パンにかけているので

甘めのワンプレートディッシュです。

 

材料:

トマト               2~3個

玉ねぎ               大1個

にんにく              1~2かけ

マッシュルーム 、豆などの残り野菜

塩、胡椒

お好みでケチャップ       大さじ1

 

作り方:

1.   玉ねぎをみじん切りにして、オリーブオイルで炒め

みじん切りにしたにんにくや残り野菜も入れて炒め合わせ

塩、胡椒で味を整える。

2.  甘みが足りなければ、ケチャップで味付けする。

 

◆  ラタトゥイユは冷たいままでも美味しいので、

寒くないときはそのままでも。

◆  トマトが完熟していると、ケチャップはいりませんが、

ケチャップの甘みがあるとお肉を入れなくても美味しいです。

 

 

 

 

そば粉入りショートブレッド

 

名前にブレッドと、ついていますが

バタービスケットかハードビスケットという感じです。

手作りカロリーメイトを目指して作ってみました。

 

材料:

粉類             120g  (私は、きな粉、ソルガムフラワー、アーモンドパウダー、

そば粉、玄米粉を使いました。)

ココア              20g

砂糖               10g

塩         ひとつまみ

ねりごま             50g

メープルシロップ   60g

 

 

作り方:

1.  材料全てをしっかりと混ぜ、

まとまるまで30分ほど寝かせます。

2.   クッキングシートの上で成形します。

切り込みや竹串などで穴を開けておきます。

3.  170度で10分焼いて

切り込みをなぞって切り離して

(並べる必要はありません。)

 

150度に温度を下げてさらに25分ほど焼きます。

 

 

 

◆  粉はお好きなものを使ってみてください。

きな粉、すりごま、片栗粉、上新粉、豆の粉(ソルガムフラワー)、アーモンドプードルなど

栄養価のあるもので作ると食事がわりになりますよ。

 

◆  粉によっては、水分、油分を吸ってまとまらないことがありますので

その時には、少しずつ様子を見ながらミルクや豆乳、オリーブオイルなどを入れてまとめてください。

 

◆ 今回は、米粉も使わなかったので、糖分以外で急激に血糖値をあげるものが入っていません。

 

◆ そば粉は割とざらつきがあってハード系が好みの方には良いと思います。

 

◆  これは、底が取れるケーキ型に入れて成形して、取り出し、指で形を作りました。

 

◆ 水分を入れていないので、口の中がかなりドライな感じになりますが、

ココアとねりごまの風味が口の中に残り、あと引く美味しさです。

 

◆ 全てドライの材料ですから、保存がききます。

 

 

味噌

 

日本が代表する

美味しくて、身体に良い発酵食

『 お味噌 』

 

毎日、お味噌汁を食べられている方も多いと思いますが

市販のお味噌は発酵力が弱められていることと

原材料の中に本来なら必要のないものがたくさん入っている可能性があります。

 

お味噌を作って感じることは、

お味噌の大半はお水であり、また、

混ぜ物を入れることも容易であるということです。

 

自分で作ることがベストですが、

作れない方は、信用あるところから

適正な価格で買われることをお勧めします。

 

適正とはどういう意味かというと、

良い材料で、手間暇をかけた商品であれば

それ相応の価格である。と、いうことです。

 

市販のお味噌と値段を比べると、驚くほど高いかもしれません。

でも、それは、市販のお味噌が安すぎるのです。

そして、その安さには理由がある。ということです。

 

 

お味噌を作ることはそれほど難しいことではありません。

少し手間はかかりますが、

一度作ると市販のお味噌は買いたくなくなりますよ。

 

安心、安全、そして身体にとても良いお味噌は

自分で作るのが一番です。

 

 

 

米麹 材料:

お米  3キロ

麹菌  一袋の半分

 

米麹の作り方:

1.  お米を一晩たっぷりの水に浸しておきます。

2.  お米をザルにあげて、2時間ほど水切りをします。

3.  強火で3〜4時間蒸します。

4.  蒸したお米を床に広げて、手でもんで、パラパラにします。

5. 少し温かいくらいの温度に下がったら、麹菌をふりかけてよく混ぜます。

6. 蒸し布ごと、大きなザルに入れて、保温します。

(密閉しないようにしてください。麹菌は空気が必要です。)

7.  気温が低いときは、毛布などをかけて、保温します。

8.  気温が高いとすぐに発熱しますので、発熱が始まったら、30度を目安に

空気に晒して、温度を下げます。

9.  三日ほど様子を見て、固くなったところから、蒸し布から外して

長くても四日以内(あまり長いと腐敗菌が増殖します)に、

広いところ(テーブルなど)に広げて発酵を止めます。

10.  すぐにお味噌を作らない時は、しっかりと冷ましたものを紙袋などに入れておきます。

しっかり冷ましていないと、紙袋の中でまた発酵が始まり、腐敗菌が増殖する可能性があります。

 

 

お味噌の材料:

米麹      3kg

大豆              3kg

粗塩     1.2kg

 

[ 割合 ]

米麹     1kg

大豆     1kg

粗塩    400g

 

 

お味噌の作り方:

1.  米麹を作り始めて、三日目くらいに、大豆を

たっぷりのお水で一晩浸けます。

2.  大豆を圧力鍋などでしっかり潰れるくらいまで煮ます。

3.  茹で汁は取っておいて、大豆をミキサーなどで潰して

茹で汁、大豆、米麹と塩をまんべんなく混ぜます。

茹で汁は少し固めのお味噌くらいまで入れます。

4.  混ぜたお味噌は、なるべく空気が入らないように

(空気が入っているとそこからカビが生えます。)

カメなどに入れて、上にラップをして、蓋をして、

コバエなどが入らないように、大きなビニール袋で覆います。

 

 

お味噌作りの道具たちです。使うのは一年に一度なので、洗って乾かしておきます。

 

 

 

材料は、無農薬のお米と大豆を使うようにしています。

塩は粗塩、麹菌はネットで買っています。

 

 

 

私は、薪を燃やして、お米を蒸すところから始めます。

 

 

 

しっかり蒸気が出ています。強火でしっかり蒸しあげます。

 

 

 

蒸しあがっているか確かめます。

 

 

 

麹菌がしっかり咲いています。♡

 

 

 

圧力鍋で大豆を柔らかくしては、餅つき機で潰して行きます。

 

 

 

 

全てを混ぜて樽とカメに入れました。

この状態になるとすごく重いので、車庫に持って行くのは夫の仕事になります。

 

 

 

◆  一夏越えたら、食べることができます。

若いお味噌も、年数が経ったお味噌もそれぞれの味わいがありますので

ちょこちょこ味見をして楽しんでください。

 

◆  年に一回くらいは、天地返しをして混ぜてください。

色のついたカビも混ぜてしまう方もおられるようですが

私は、ラップごと捨ててカビはなるべく取るようにしています。

 

◆  始めてお味噌を作った時は、大きなビニール袋に入れて、バケツに保管していましたが、

じかに、ビニールがつかない方法を考えて、カメに入れることにしました。

ただ、そのままだと、カビが生えて中に浸透したり、コバエがどうしても

入るので、表面だけラップをして、大きなビニール袋で

カメごと覆うようにすると、コバエがこなくなりました。

ラップはぴったりとつけてなるべく空気が入らないように。

 

 

 

 

ビニール袋ですっぽり覆いますが、空気は入ります。

 

 

 

 

◆  木の樽でも作っていますが、カビが多くなります。

でも、水分はちょうど良い感じで抜けますので、カメでも樽でも良いと思います。

 

こちら2年ものの木の樽のお味噌です。

 

お味噌の素晴らしいパワーのお話  長崎・浦上病院の奇跡

 

長崎に原爆が落ち、爆心地から1.4キロの場所にあった

浦上病院(現・聖フランシスコ病院)では、

入院患者70人と病院関係者20人が全員助かったという事例があります。

 

当時、浦上病院の院長だった秋月辰一郎先生は、

日本のマクロビオティックの草分けである桜沢如一先生の

教えを守り、自身が玄米中心の食事法で病気を

克服した経験から、被曝に際してこの食事法を徹底するように

職員に命じたのです。

 

『被曝を受けた人には塩(天然塩)がいい。

玄米の飯にうんと塩をつけて握り飯を作り、

塩辛い味噌汁と一緒に毎日食べさせなさい。

それから甘いものは避けなさい。

砂糖は絶対に食べてはいけない。』

 

そう主張して、強引にこの食事法を毎日実行させました。

爆心地では皆が即死状態で、爆心距離への距離が近い人から

どんどん亡くなって行くという「死の同心円」が広がり、

それが浦上病院の付近にも近づいてきたのですが、ここでは

急性の放射能症にかかりながらも、全員生き延びることができたのです。

 

この爆心地から1.4キロの地点というのは、浦上病院の入院患者と職員を除いて

90%の人が亡くなりました。

 

 

放射能から身を守ってくれるお味噌。

とても力強い味方ですね。

 

どうぞ、毎日お味噌を使ってお料理をして、美味しい食事を楽しんでください。

いつの間にか、もっともっと健康になっていますよ。

 

 

 

 

 

インスタグラム hachiya shinkoで

手書きツイートも始めました♪

 

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 080-5207-8376 受付時間 9:00 - 18:00

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 三瀬ロハスライフ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.