「食が人生と運命を変える」

 

医食同源をもとに

食養心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

⬇️読まれていない方はこちらをどうぞ。

ホルモンで健康に元気に楽しい毎日!(1)

ホルモン      ー    「レプチン」(2)

 

オキシトシンは、

「幸せホルモン」、「恋愛ホルモン」

「愛情ホルモン」「抱擁ホルモン」

「信頼ホルモン」「絆ホルモン」

「思いやりホルモン」「癒しホルモン」と、

たくさんの名前を持つホルモン。

 

オキシトシンが分泌されると、

「幸せな気分になる」

「不安や恐怖心が減る」

「ストレスが緩和される」

「他者への信頼と絆を深めたいと思える」

「学習意欲や記憶力の向上」

などいいことがいっぱいあります。

 

この素晴らしいホルモンを分泌させる方法は、

人との接触や触れ合うことですが、

 

このコロナ禍で、

なかなか人と接触しずらいですよね。

 

ある大学の研究チームが

「飼い主と犬が触れ合うことで

オキシトシンが分泌される」と発表して、

サイエンス誌に掲載されました。

 

でも家族も犬もいない人っています。

でも大丈夫。

 

「猫や犬の動画を見る」

「柔らかいものに触れる」

(クッションや毛布、ぬいぐるみなど)

「食事や会話を楽しむ」

などもオキシトシンの分泌を促すんです。

そして、

「人に親切にする」ことは、

ヘルパーズ・ハイ 

(親切にした事で脳内ドーパミンが

分泌され幸福感をもたらす)

が作用してオキシトシンが

分泌されるという研究結果もあります。

 

「すてき」「かわいい」

「感動した!」

そんな感情を抑える事なく解放する。

 

ちょっとした事でも「ありがとう」を

必ず言うようにする。

 

そんな日常の些細な事でも

オキシトシンは分泌されます。

 

日頃、イライラしたり、

鬱々としがちな人

ぜひ、これらのことを試してみて

心豊かな毎日を送ってくださいね。

 

あなたの悩みにお応えします。

どうぞ、無料個別相談をご利用ください。