「食が人生と運命を変える」

 

佐賀県三瀬で

医食同源をもとにした

食養心理カウンセラーの

八谷新子です。

 

最近、FBや私のブログでも

批判的なコメントが増えてます。

まあ、私としてはちょっと有名人になった

気分でありがたく思っておりますが、

 

コレって。

 

「なんだよ!」

「違うじゃないか!」

と、私に言って、事を正しているつもり

だと思うんですけど、

実はその苛立ちや心の不快感って

自分の心の中で

フツフツと湧き出ている嫌な感情を

相手にぶつけているだけなんです。

 

でもぶつけても、ぶつけても

ふつふつと湧き出てきますから

苛立ちと不快感は解消されない。

 

これはスイスの心理学者ユングさんの言葉

 

「あなたが抵抗するものは存在し続ける」

という言葉に象徴されてます。

 

心の中でフツフツと湧き出る嫌な

感情に抵抗して、気持ちを外に向けたままだと、

いつまでもいつまでも、その感情は

自分の中でフツフツと沸き続けるんです。

 

そしてユングさんは、こんなことも言います。

 

「内面で向き合わなかった問題は

いずれ運命として出会うことになる。」

 

いくら誰かになにかを批判したり、

嫌な感情を吐露しようとも、それは自分の

心のわだかまりが解消するどころか

さらにそのわだかまりは大きくなるばかり。

 

自分と向き合って解決

しなければならない問題を

目をつぶっていたら、

今後それは、自分の運命となるんです。

 

運命なので色々な形に変化するとは

思いますけど、多くの場合、

体を病み、そして心も病んでいくんです。

 

批判や妬みなどを持っているから

病気になるのか。

 

病気になったから批判や妬みを持つのか。

は、わかりませんけど、どちらにしても

不幸な運命を自分で作ってるということ。

 

病気さえも自分で作ってしまっているんです。

 

自分に向き合うことは実はとても怖いこと

 

でも気を紛らわすために

自分の嫌な感情を外に撒き散らすことって

自分の心を汚す行為

 

今のままだときっと先で

いいことって起こりません。

 

一年、十年あっという間。

人生は短いです。

 

 

あなたのお悩みにお応えします。

どうぞ、無料個別相談をご利用ください。