こんにちは。

佐賀県三瀬で

医食同源をもとに

食養カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

便秘や悩まされている方、

とても多いですね。

 

 

今は大人も当然のことながら

幼稚園児や、驚くことに生後2ヶ月の

赤ちゃんまで便秘するそうです。

 

 

これは、もちろん母乳の影響。

 

便秘する理由ってたくさんありますが、

その一つが食品から摂取される食物繊維不足

 

お母さんが甘いものばかり食べて

繊維質のものを摂らないと

赤ちゃんにまで影響が出るんです。

 

 

体重や健康を気にして夜は白米を食べない。

なんて人がとても多いですね。

 

白米も小麦粉製品も同じ糖質なんですが

食事で食物繊維を摂ろうとするとき、

パスタやパンでは摂りにくいんです。

 

食物繊維は水溶性と不溶性があります。

 

水溶性はこんぶやわかめなどの

海藻類、こんにゃく、大麦など。

不溶性は大豆、ごぼう、小麦ふすま、

穀類、豆類、キノコなど。

 

この食品を見ると洋食よりも

和食のメニューに合うと思いませんか?

 

パンは種類によって甘いものも

たくさんありますね。

 

お砂糖が腸に与える影響は、

お腹(腸)を冷やして、

腸内環境が乱すこと

 

 

砂糖は悪玉菌の餌になってしまうんです。

 

 

便秘が続くとどうなるか。って言うと、

腸内の悪玉菌が増えて便やおならが臭くなります

これは困りもの。

 

それに腸が不調だと自律神経の働きが乱れ

便が出ないことでさらにイライラや不快感がつのり、

動くことがおっくうになって

だるさや疲労感も増します。

 

 

食事を和食に切り替えて、

しっかり噛んで食べると過食も防げて、

ダイエットにもすっごく効果的

 

お肌のトラブルもぐっと減って

ファンデーションのノリもよくなりますよ。

 

良いことづくめの和食

便秘解消をして

美容と健康を手にしましょう!

 

 

自分に合った良い生活習慣

食習慣を知りたい方は、

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。