こんにちは。

佐賀県三瀬で

英語の講師と

医食同源をもとに

食養カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

フォニックス

聞いたことがあるでしょうか。

 

フォニックス(Phonics )の

PHONは音といういう意味です。

 

 

フォニックスは”つづり”と

発音にある法則を学ぶこと。

 

でもその前にアルファベットにも音がある

って知ってる人って案外少ないんですよね。

 

しかも、その音が

有声音無声音に分かれてるんです。

 

有声音は音がある。

当たり前ですね。

 

でも無声音って音がない音って

なんのこと?って思いませんか?

私は最初、え?なにそれ?って思いました。 笑

 

英語には日本語にない音を出して

発音する音がありますけど、

その一つが無声音。

 

日本語はお餅。英語はクロワッサンの

ような言葉って言われてます。

 

お餅は空気を含んでませんよね。

クロワッサンは空気がいっぱい。

で、英語は空気をたくさん出す言葉なんです。

 

 

無声音のアルファベットは、

C F H K P Q S T X

結構あるんですよね。

 

で、音がないのにどうして音が出るのか、

例えば、レストラン

これはRestaurantと最後に

Tの無声音がつくんです

 

でも音のない音が日本語にないので

レストランで終わっちゃったん

じゃないかな。と想像します。

 

無声音が後につくと本当に空気だけです。

 

 

単語の最初につくTだったら、

Teacherだと、Tの音は空気だけで発音して

eの音に引きずられてcherまで音を出します。

 

 

説明だけで英語の発音ができるようになるって

かなり難しいことですけど、

英語には有声音と無声音が

あるから聞こえない言えないのか~と、

納得していただければ嬉しいです。

 

 

英語って難しいというより、

言語って違うからこそ面白いんです。

 

楽しく英語の学習を続けてくださいね〜♪

 

 

英語のご相談も受けています。

英語がなかなか上達しないと

悩まれている方、

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。