こんにちは。

佐賀県三瀬で

医食同源をもとに

食養カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

 

体を動かすことって

食事を正すことと同じくらい大切。

 

でも最近は運動しない方が増えて

運動慣れしてない方が多いのが現状

 

 

一緒にやりましょう!と

始めると、

「あ、その形はできます。」

「その形は無理です。」

と、おっしゃる。

 

 

「できるか」「できないか」

じゃないんです。

 

 

筋肉トレーニングって

時間をかけてゆっくりと筋肉を使います。

 

その筋肉を使う時間がとっても大切。

 

今、どの筋肉を使ってて

どの筋肉が伸びてて

どれくらい伸びるのか

どれくらい筋肉を使い続けられるのか。

そんな筋肉との対話が

筋トレだと私は思っています。

 

 

10回できるようになるとか

20回に増やしてみるとか

数字にばかり気持ちを取られると

筋肉との会話ができません。

 

 

朝起きる時ってどんなふうに起きますか?

 

目覚ましをかけていて、

目覚ましが鳴った途端にびっくりして

起きたりしたとしたら、

筋肉は寝ていたのに

急に動かないといけませんよね。

 

それでは筋肉さんがすごくかわいそうです。

 

そんなことをエクササイズや

筋肉トレーニングでもしてしまう人がとても多い。

 

いきなり始めて、「イタタタ。。。」

それは痛いですよ。

 

 

 

日頃全く動かしていないものを

急に引っ張るわけですから、

その痛みは筋肉の悲鳴なんです。

 

 

体を動かすときはまず

筋肉に”今から動きますよ。伸ばしますよ”

そんな気持ちの心がまえを持って始める

あら、不思議。

筋肉ってとっても強く

また、しなやかに伸びてくれるんです。

 

人との対話、自分との対話って大切でしょう?

 

 

筋肉との対話もとっても大切。

 

年齢を経れば経るほど筋肉さんに

お世話になる私たち。

 

エクササイズ、筋肉トレーニング

朝起きる時、日常の作業全般

24時間お世話になっている筋肉さん。

 

筋トレをする時はそんな

筋肉さんとの会話を大切にしてくださいね。

 

 

自分に合った良い生活習慣

食習慣を知りたい方は、

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。