こんにちは。

佐賀県三瀬で

英語の講師と

医食同源をもとにした

食養心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

 

男性はどちらかというと

下痢が多いのですが、

女性は便秘が多いですよね。

 

これって繊維質が足りてないとか

運動不足とかっていう原因も確かに

あると思いますけど、

実はその人の思考のクセ

原因の一つなんです。

 

 

例えば、

 

何ごともチャンスを逃しがち。

言い遅れる、発言のタイミングを逸する。

言いたいことを飲み込んで

自分の想いをお腹に溜めてしまう。

 

そして、

 

「まあ、いいか。また今度。」

「また、時間ができてから。。」

「できる自分になったらやろう。」

 

こんな人って便秘が多いんです。

 

体は内臓、ホルモンも皆

リズムで動いています。

 

腸はリズムに敏感。

 

自分の体のリズムに合わせずに

タイミングを逸してトイレに行かなかったり

人にタイミングを合わせたりして

ストレスが溜まると腸がリズムを

乱してしまうことがあります。

 

心=腸

 

心には緩やかな揺らぎがあります。

 

今の世の中はまだまだ男性主体。

夫や家族、職場などで

自分のことよりもまず周りを優先させてしまう。

たとえ、女性同士であっても

周りに合わせてしまうと自分の本当の想いとの違いに

その心の揺らぎが乱されます。

 

もちろんみんな自分の思いとおりに

動いてしまっては、社会はとても

ギスギスしたものになってしまいます。

 

でも自分を押さえ込んで言葉を

飲み込んで周りに合わせ続けていると

お腹の中はどんどんいらないものが

溜まり続けて心も体も便秘状態に。

 

人に合わせながらも

自分の意思と意見はきちんと伝える。

たとえ小出しでもきちんと

出すべき時は出していく。

 

これができて

食生活と運動を適切にしていれば

まず便秘はそうそう起こらないんです。

 

お薬に頼る前に心(お腹)に溜まっている

想いを感じてみてください。

 

溜まっていると感じたら、

大切な自分のために

きちんと出してあげましょうね。

 

お薬で自分の想いを

出すことはできませんものね。

 

 

自分に合った良い生活習慣

食習慣を知りたい方は、

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。