こんにちは。

佐賀県三瀬で

医食同源をもとにした

食養心理カウンセラーを

している八谷新子です。

 

 

便秘に悩まされている方、

多いですよね。

 

 

便秘の問題は便が出ないことよりも

便が出せない腸にあります。

 

 

便秘で腸内環境が悪化すると

腸の動きが悪くなり、

自律神経が乱れ

ストレスに弱くなったり

血流やリンパが滞り、その結果、

冷えやむくみの原因となります。

 

 

私は毎朝、毎晩

腸もみをしていますよ。

 

 

なので、

もちろん、便秘はありません。

 

 

では、腸もみをやってみましょう。

 

 

1 仰向けに寝て、おへそを中心に時計回りに

痛くない程度に押していきます。

 

2 お腹をマッサージして硬いところなどが

あれば、優しくもみほぐします。

 

3 最後は全体を時計回りにさすったり、

お腹を優しく揺らしたりします。

 

普段、腹式呼吸をしていれば

その都度、腸のマッサージになります。

 

私は風邪を引いたかな。と感じたら

すぐに腹式呼吸で腸をマッサージして温めます。

これは、どこででもできる風邪予防です。

 

腸は植物で言えば、

根っこの部分です。

落ち着いていることを

「肚が据わっている」と

言いますね。

 

腸が健康であれば、

自律神経も安定して、

心に余裕が出てきます。

 

ぜひ、腸もみ

毎日の習慣にしてくださいね。

 

 

自分に合った良い生活習慣

食習慣を知りたい方は、

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。