こんにちは。

佐賀県三瀬で

医食同源をもとにした

食養心理カウンセラー

をしている八谷新子です。

 

 

毎朝のお通じは快調ですか?

 

 

快調であれば

快””な証拠。

 

 

体は健康だけど、

快便って言えないな~

なんてことってないはずですよ。

 

 

だって、腸は健康の

7割を占めるのですから

快”腸”だったら健康はお墨付き!

 

 

じゃあ、どんなうんちだったら

快腸かというのは

 

 

うんちの形、色、

柔らかさと匂いでわかります。

 

 

まずは、うんちの中身って

なんだと思いますか?

 

 

たくさん食べたら

たくさんうんちが出るって

訳ではありません。

 

 

なのでうんちは食べ物の

カスばかりではない。

ということなんです。

 

 

一番多いのは水分。

 

 

うんちって

80パーセントは水分なんです。

これって意外。

 

 

でも水分があるからこそ、

スルリとバナナみたいに

出てくれるんですよね。

お尻に優しい!

 

 

そして次に多いのが

腸壁細胞の死骸

 

腸内細胞がどんどん

入れ替わってくれると

お腹も元気ですよね。

 

 

そして腸内細菌の死骸

私たちのお腹の中には

100兆もの細菌がいると

言われています。

 

 

実はこの細菌が

匂いの元にもなっています。

 

 

動物性のものを食べ過ぎたり、

腸が元気がないと

匂いもきつくなりますよ~。

 

 

そして最後が食べ物のカスです。

これが全体のたったの

5パーセント!

 

これらを考えると、

体の中が潤っていて

腸壁と腸内細胞がどんどん入れ替わり、

繊維質のものをたくさん食べる

と、理想のバナナうんちがスルリと出る。

 

 

これが快便の仕組みです。

 

 

今日食べたもの。

昨日食べたもの。

それでうんちが決まります。

 

さて、

明日はどんなうんちとご対面かは

もう想像できますね。

 

 

 

自分に合った良い生活習慣

食習慣を知りたい方は、

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。