こんにちは。

佐賀県三瀬で

医食同源をもとに

食養心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

 

一晩寝ても疲れが取れなくなった。

 

すぐに疲れてしまう。

 

疲労感が何ヶ月も続いている。

 

 

一般の人の約半分が感じていると

言われる慢性疲労感

 

4つの疲労がありますが、

あなたはどこが疲労していますか?

 

[  精神的な疲れ ]

⬜︎ イライラしがち  

⬜︎ ワクワクすることがない

⬜︎ 愚痴や不満をつい言ってしまう

⬜︎ いつも気にかかることがある

⬜︎ 後悔することが多い

 

 

[ 自律神経の疲れ  ]

⬜︎ 熟睡できない

⬜︎ 食欲がない。または止められない食欲

⬜︎ 首や肩のこりがある

⬜︎ 頻尿、残尿感

⬜︎ 手足のしびれ、手足の冷え

 

 

[  体の疲れ ]

⬜︎ 活動後に強い疲労感を感じる

⬜︎ だるさと倦怠感がある

⬜︎ 疲れが取れない

⬜︎ 眠れない

⬜︎ 単純ミスをよくする

 

[ 内臓の疲れ  ]

⬜︎ 便秘や下痢をしやすい

⬜︎ 食後に胃がもたれる

⬜︎ 風邪をひきやすい

⬜︎ 風邪が治りにくい

⬜︎ 肌荒れが気になる

 

実はこれらの疲れって

みんな繋がっているんですよ。

 

それはあることで

負のスパイラルが起こるからなんです。

 

それは、

 

「疲れたので、美味しいものを

食べて元気を出そう!」と

たくさん食べる人。

 

いますよね。

 

たくさん食べると体が

消化活動モードになり、

内臓を疲れさせて

疲労回復が遅れます。

 

食べ過ぎたり

夜遅く食べたりすると

睡眠の質が落ちて、

交感神経と副交感神経の

切り替えがうまくできなくなり

自律神経が乱れます。

 

 

そうなるとホルモンや

神経伝達物質の分泌まで乱れて

精神的に不安定になり、イライラして

またたくさん食べてしまう。

という負のループ

 

 

まずは、どんな疲労も

いい食事を摂って

食事を減らすことから始めましょう!

 

食生活を変えるのは

簡単なようで難しいものです。

食生活を正したいと思われている方、

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。