こんにちは。

佐賀県三瀬で

食養心理カウンセラーを

している八谷新子です。

 

秋になった途端に

インフルエンザ が流行りだしましたね。

 

9月にインフルエンザ が流行ることは

今までほとんどありませんでした。

 

この原因は、きっと多くの人の

免疫力が弱くなっている

からではないでしょうか。

 

免疫力があればインフルエンザ に

かかることも少なくなり、

また罹っても大事には至りません。

 

そこで免疫力を鍛えるためには

何をしたらいいのでしょうか??

 

はい。

 

私がいつもお話ししている通り、

健康の7割は腸が決める。

のですから

なんとっても腸を整えることが一番!

 

腸内細菌の数は600兆から

1000兆個。

種類は1000種類

以上だと言われています。

その重さは1.5kg!

 

よく耳にする善玉菌。

そのほかに悪玉菌と

日和見菌で腸内フローラは

構成されています。

 

 

理想の割合は

善玉菌・悪玉菌・日和見菌 

 2:1:7

 

実は悪玉菌も必要なんですね~。

悪玉菌は善玉菌を排除できなかった

病原菌を撃退することが

できるそうですよ。

 

 

日和見菌は7割。

こちらを善玉菌にするのか

悪玉菌にするのかは

 

善玉菌・悪玉菌  2:1

この割合を守って善玉菌が

優勢であれば日和見菌が

加勢してくれます。

 

 

では、本題。

 

腸内フローラの改善法

 

善玉菌を美味しくいただく

これは一番楽で効果的!

 

ヨーグルトは乳製品ですから

あまりオススメしません。

 

やっぱりここはぬか漬けです。

 

日本人の腸に

一番合っている菌ですね。

 

 

 

そしてオリゴ糖

美味しくいただく!

 

「フラクトオリゴ糖」 

ごぼうや玉ねぎ、にんにくなどに

多く含まれています。

 

「大豆オリゴ糖」

大豆、豆乳、味噌に含まれています。

 

これらを常食していれば

免疫力が強化されてインフルエンザ や

風邪にかかりにくく、ひいてはガンや

生活習慣病予防になります。

 

 

美味しく、楽しく

健康になってくださいね。

 

 

食事を変えて、

腸内フローラを改善されたい方は

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。