こんにちは。

佐賀県三瀬で

食養を含めた

心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

 

山の中で暮らしていると

虫がいるのは当たり前で、

ここでは蚊よりも

もっと小さくて手強い虫

”せせり”という虫がいます。

 

 

小さいので、網のついている

帽子を被っていても、入ってきて

顔を刺さされてすごく腫れる

ので毎年夏はとても大変でした。

 

 

でも、今年は手の甲を刺されて

すぐにそれが引いてからは

虫除けをしなくても、たとえ

蚊が顔の周りを飛んでいても

刺されないことが度々あり、

不思議に思っていました。

 

 

私がいつも健康に関して

信頼している方のメルマガを

読んで、蚊に刺されやすい人は

糖質を摂り、食生活が乱れている人。

と、書かれていたのを読みましたが、

理論的なことが書かれていなかったので

ご紹介できませんでしたが、今回、

自分の経験を合わせて、マクロビオティックを

されている方の記事から引用させて

いただくことにしました。

 

 

私が蚊や他の虫に

刺されなくなったのは、

お砂糖と小麦粉を

やめたからです

 

 

この2つをやめたのは

今年の3月末。

 

 

まだ、3ヶ月満たないのですが

そこおかげで疲れを

感じることがなくなり、

虫が寄ってこなくなったのです。

 

 

蚊は、

体臭の強い人

お酒を飲んだ人

体温の高い人

などに寄ってきます。

 

 

 

これは、

体のバランスが崩れている人

血が汚れている人

陰性のものを多く食べている人

が、蚊に刺されやすいと言われていて

自分の食生活を考え合わせると

当てはまっているのです。

 

 

私たちの血液は弱アルカリ性

 

体の中で、酸は作られますが、

呼吸や尿から排出され、血液は

一定のphに保たれます。

 

でも、血液が酸性に

なりやすい食べ物を多く

摂っている人は、

血液が酸性に傾きます。

 

 

[  体が酸性に

なりやすい食物  ]

 

砂糖

甘い果物

化学調味料

ジュース

コーヒー

動物性の食品

魚/乳製品/卵/お肉

練り製品

ハム/ソーセージ/かまぼこ

 

 

[  蚊に刺されにくい

体質を作る食品  ]

玄米ご飯

納豆

お味噌汁

などの

日本の伝統的な食べ物

 

 

蚊を寄せ付けないための

虫よけスプレーやかゆみ止め

など、直接肌につけるものは

全て皮膚から体の中に浸透して

必ず肝臓を通りますので、

内臓に負担がかかりますし、

体質が酸性に傾いていれば

必ず蚊を寄せ付けてしまい、

根本的な解決にはなりませんね。

 

蚊は色々な病気も媒介するので

ぜひ、食生活を整えて、

夏負けしない

快適な夏をお過ごしください。

 

 

***

 

心や身体のこと、食事について

わからないことがあれば

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。