こんにちは。

佐賀県三瀬で

食養を含めた

心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

 

カウンセリングの仕事に慣れたら

動物ボランティアをしたいと

ずっと考えて、ようやく、

今、自分のやりたいこと、

やれることを見つけることが

できました。

 

 

保護犬たちを預かって

愛情深く見守る活動です。

 

 

保護犬たちはみな何らかの事情で

保護センターに入れられました。

 

 

 

その事情の多くは人からの

虐待や放棄によるものです。

 

 

 

多くの子は小さな頃から、

愛してもらえず、

躾もされずに

成犬となり

捨てられてしまったのです。

 

 

 

心に不安を抱えている子は

よく吠えたり、人に攻撃的に

なったりします。

 

 

 

それは人も同じです。

 

 

小さな頃に愛情をもらえなかった人は

幾つになっても、愛に飢えて、

心の問題に苦しみます。

 

 

心理カウンセラーだからこそ、

保護犬たちを預かるボランティアを

したいと思いました。

 

 

 

お座りも知らない子たちです。

 


犬も子供も泥んこ遊びが大好き。

 

 

でも、この子たちは

攻撃性はないので、

しっかり散歩をして、

一緒に楽しみます。

 

 

 

私は20年、犬と暮らしてきて

外で遊んだら、必ず足を洗い

タオルで拭いて、家に上がらせていました。

 

 

でも、この子たちは、足を拭いて

もらったことがないので、最初は、

一体何をしているんだろう。と、恐々。

 

 

でも、”いい子だね〜。”

”足が綺麗になったね〜。”と、

言葉をかけて、頭を撫でると

今は、じっといい子にしています。

 

 

お水を飲んだら、口を

拭いてあげる。

 

クレートはいつも清潔に。

 

そして何より、お散歩を

楽しくさせてあげます。

 

そんな行為で彼らの心に

信頼が芽生え、心の安定

得られていくのを感じます。

 

 

人を信頼できるということは、

自分も信頼できるということ。

 

 

 

相手を疑ってばかりの人(犬)は

自分も疑っていて、

自分に自信を持てないのです。

 

 

 

 

大切にされているという感覚は、

自分にはその価値がある。

 

という自己肯定感をもたらし、

自分への信頼、自信が生まれて、

心がしっかりと安定します。

 

 

 

誰かに大切にされるよりも、

自分で、自分を大切にしてあげる

ことの方が、より自己肯定感を

上げることができる

ということをご存知ですか?

 

 

自分を大切にするということは

大きなことではありません。

 

 

自分のために美味しいお茶や

コーヒーを淹れてあげる。

 

毎朝、”おはよう”

今日も素敵だね。と、

自分に言ってあげる。

 

美味しくて、体に良いものを

自分に作ってあげる。

 

一日の終わりには、

自分で自分をマッサージ、

または、ストレッチをして

体を労ってあげる。

 

そして、最後に

今日もありがとうね。

と、自分に感謝。

 

 

犬たちの足を拭きながら

彼らのホッとしている顔を見て、

いつもこのことを考えます。

 

 

大切にされるということは

犬も人間も

心の安定に欠かせないこと。

 

 

あなたは大切にされて

いると感じていますか?

 

自分で自分を

大切にしていますか?

 

***

 

心や身体のこと、食事について

わからないことがあれば

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。