こんにちは。

佐賀県三瀬で

食養を含めた

心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

油は人の三大栄養素の一つです。

 

最近は、ダイエットで

カロリーを気にされる方、

コレステロールが気になる方で、

油を控えられる方が多いのですが、

油は私たちの細胞膜の原料となり、

しなやかな血管を作ったり、

私たちの生活に欠かせない

ホルモンの材料にもなります。

 

 

この大切な油という栄養素について

しっかり理解しておきましょう。

 

 

油は飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

分かれています。

 

 

飽和脂肪酸

肉や乳製品に含まれる油

これらの油はオメガ3脂肪酸と違い、

細胞膜に入る事ができず、

その多くは、エネルギーとして

使われ、必要以上に摂ると、

飽和脂肪酸が中性脂肪となって

血液中に増えて、HDLコレステロールが

減り、LDLコレステロールが増えて

動脈硬化をもたらします。

 

不飽和脂肪酸

オメガ9

オメガ6

オメガ3

 

オメガオイルの種類

 

オメガ9

オリーブオイル

オメガ9のオリーブオイルは、

少し前まで、心筋梗塞をを予防したり、

コレステロール値を下げる効果があると、

言われていましたが、最近はその効果は

ないと証明されました。

オメガ9は体内で合成されるので、

必ず摂らなけれならないわけでは

ありませんが、安価で、体には害がないので

私は普段使いはオリーブオイルを使っています。

どの油も、ポリ容器に入っているものでなく、

ガラスの容器で遮光されたものを

大瓶でなく小瓶で早めに使い切るように

してください。

 

オメガ6 

(サラダ油)(トランス脂肪酸)

菜種油、コーン油、コメ油

ごま油、紅花油、ひまわり油

ぶどう油、大豆油、綿実油

オメガ6は私たちに必須の油ですが

加工食品に含まれており、過剰に

摂りすぎるので、普段使いには適しません。

 

サラダ油を過剰に摂りすぎると、

オメガ6のリノール酸が体内で

アラキドン酸という脂肪酸に変化して

細胞を傷つけ、炎症物質を発生させます。

また、血液を固める作用があるため、

がん、急性心筋梗塞、糖尿病、

精神疾患の日本人の五大疾患

原因となります。

また、サラダ油の原料には遺伝子

組み換えされた作物があり、動物実験に

より、これらは発ガン率が高い事が

わかっています。

大豆、とうもろこし、菜種などは

特に注意しましょう。

 

トランス脂肪酸も、細胞膜に入り

ますが、オメガ3のような折れ曲がりが

ないために、栄養や酸素が

通りにくくなり、細胞膜のしなやかさが

なくなります。

また、使われないトランス脂肪酸は

中性脂肪になって血液中に

出てきてしまいます。

 

 

 

オメガ3

青魚油、アマニ油、エゴマ油

健康維持にために必須の油です。

オメガ3はαーリノレン酸が含まれ、

これが体内でEPA (エイコサペンタエン酸)

に変わり、硬くなった血管壁をしなやかに

し、拡張させて血流を良くします。

 

血管壁の細胞膜には通常、コレステロールが

補強材として入っていますが、オメガ3脂肪酸も

代わりに入る事ができます。オメガ3脂肪酸は

折れ曲がった形をしているので、血管壁に

隙間ができて、栄養や酸素が通りやすくなり、

また、外からの力にも柔軟に対応できる

ようになり、その結果、血管がしなやかに

なり、血流も改善します。

 

また、血管壁についた

LDLコレステロールを取り、

HDLコレステロールを増やし、中性脂肪を

減らし、さらに、傷ついた細胞を修復し、

EPAはDHA(ドコサヘキサエン酸)にも

変わり、これは動物の精液、脳、目の

網膜を作る成分です。この成分は

男性の精力アップ、子供の学力アップや

うつ病予防、高齢者の認知予防、

視力アップに繋がります。

 

 

正しい油の知識を取り入れて、

健康に役立てていただきたいと思います。

 

***

 

心や身体のこと、食事について

わからないことがあれば

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。