こんにちは。

佐賀県三瀬で

食養を含めた

心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

食の事に関して様々な情報を

毎日大量に取り入れては

自分の中で整理していきますが、

この本を見つけて

ようやくここまで来てくれたと

嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

 

 

この本の趣旨はサルベストロールという

天然成分が健康に良いというところなのですが、

 

 

私は、野菜や果物は

無農薬と無肥料でなければ

本当に体に良い食べ物とは

言えないと思っていましたので、

 

 

このサルベストロールが無農薬、無肥料の

お野菜と果物でないと大きな期待ができない

というところを一番に推します。

 

 

 

それでも、どうやってそれを

人に伝えれば良いのだろうか。と

何年も考えていました。

 

 

 

そして見つけたこの本。

 

 

 

この本を書かれた方は

無名でなんの資格もない私と

違って実際に患者さんにこの方法を

勧められているお医者さんです。

 

 

 

 

私の信念として持ち続けている

医食同源、

食は人なり、

You are what you eat

 

 

この考えがこの著書の方と

同一していることが

私には本当に嬉しいことでした。

 

 

 

本の最後に著者である

石黒伸さんのメッセージがありますので、

ここに引用させていただきたいと思います。

 

 

「食は人なり」

これほど的確に”ヒト”を表す言葉を、

僕は他に知りません。

 

近代医学では

You are what you eat

中国では古来より

薬食同源思想

一方日本では

医食同源と造語され

日本国民に浸透しました。

しかし、現代の医療現場は、

どこ吹く風とそれを聞き流し、

化学合成物質の投与が正義となり、

科学万能主義が栄華を極めています。

 

現在の日本において、

成人2人に一人はガン、

男性三人に一人が肥満、

高齢者の四人に一人が認知症、

国民の十人に一人が糖尿病という事実。

 

実は、これら疾患に共通した

”原因”があることを、

最新鋭の科学が明らかにしました。

 

それは

「食事」

です。

 

現代人の食べ物は

この30年間で激変しました。

 

大量農薬散布の農作物、

大量穀物肥育の畜産物、

(穀物だけで不自然に作られる

牛や豚などの家畜)

 

大量生産される乳製品、

 

高度精製された植物油

(トランス脂肪酸などの

人工的な油でコレステロールを

増加させ、冠動脈性心疾患の原因となる)

 

異性化糖入り清涼飲料水、

(”糖化”という体に悪い状態を

10倍以上もさらに悪化させる物質)

 

便利に誰でも手に取れる低コスト

強烈なうま味のある化学調味料

含んだ食物

 

全てを滑らかな舌触りに改善し

長期保存を可能にした乳化剤

 

まさに今は、食品業界は、

化学合成物質の使用が当たり前で

正義となっています。

 

これら不自然な食品たちは

私たちの腸に深刻な慢性炎症を引き起こす

炎症性食品です。

 

これらを食べることで

人の免疫機能の70パーセントを

制御している腸管免疫システムが

反応し、様々な炎症性化学物質を放出

これが腸壁を通過し、

血液にのり、脳を含む内臓各所を

蝕んでいきます。

 

多くの癌はこの慢性炎症が

大きな発生要因となります。

 

一方、私たちの身体を守ってくれる

頼もしい味方、

植物が自己防衛するため

植物自身が作りだすファイトケミカル

 

それは無農薬、無肥料の植物に

特に多く含まれているのです。

 

「もっと野菜を食べなさい!」

そう言うお母さんは正しかったのです。

 

でも、今はもう一言付け加えてないと

いけません。

「野菜をえらびなさい!」ってね。

 

石黒 伸

 

健康になるために、

健康を維持するために、

お野菜、果物、など食べ物の

素材は出来るだけ

無農薬、無肥料でなければならない。

 

そして工業製品のように

添加物を入れずに作る

手作りのご飯を食べましょうと

勧める理由がこれなのです。

 

この本がもっと多くの方に

理解され、

医療費40兆円が少しでも減っていく

日本であり世界になることを心から願っています。

 

 

***

 

 

心や身体のこと、

食事について

わからないことがあれば

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。