こんにちは。

佐賀県三瀬で

食養を含めた

心理カウンセラーをしている

八谷新子です。

 

 

みなさん、

『食べないと元気が出ない!』

と、食べることに

一生懸命な方が

多いのですが、

 

 

そう言う方ほどよく

疲れがちだったり、

体重が増えたり

よく病気をされています。

 

 

 

 

みなさん

私は、毎日たくさんの食事を作って

食べていると思われていると思いますが、

 

 

夕食は、ビールに始まり

しっかり頂きますが、

 

 

朝は米粉パウンドケーキ

2切れとコーヒーだけ。

 

 

お昼は、お味噌汁に卵を入れて

ご飯はほとんど食べません。

 

 

おやつは食べませんし、

3時にコーヒーを飲むくらいです。

 

 

それでも、

かなり体力はありますよ。

 

 

朝5時起きで

投稿は毎日4本と決めて実行していますし、

カウンセリングと英語のレッスンを

休んだことはありません。

 

 

 

その他の時間は、FBでの交流や

英語や投稿の内容を書くための勉強

夏は草刈り、冬は運動のための

2時間ほど歩きます。

 

 

寝不足でなければ、ほとんど

この日常はノンストップです。

 

 

なぜこれほどに体力があるかと言うと

食べる量と運動の量が合っているからです。

 

 

疲れやすい人は

この食べる量と運動の量の

バランスが悪いのです。

 

 

 

どちらかと言うと

食べ過ぎて

どちらかと言うと

動きが少ない。

 

 

 

だから疲れやすく

体に脂肪がついてしまうのです。

 

 

 

体の周りにつく皮下脂肪

内臓につく内臓脂肪

 

 

 

どちらも

体の疲労感を作ります。

 

 

 

 

脂肪や砂糖で汚れた

血液が全身を回っていたら

パワーはグンと落ちて当然。

 

 

そして気分も落ち込みます。

 

 

 

食事を作るのが大変。

 

それなら、一日一食しっかり作れば、

あとはそんなに大変な食事を

作る必要はないのです。

 

 

昨日は洋食、今日は中華

すき焼き、ステーキ、お寿司

誕生日にケーキやアイスクリーム

 

 

体はどんどん

投げ込まれる食事に

毎日大変な思いをしています。

 

 

内臓が疲れていたら

元気は出ません。

 

 

疲れたなー。と

思ったら、

 

 

たくさん食べないと

元気が出ない。

 

 

ではなくて、

 

少し食べて

たくさん動けば

元気が出ます。

 

きれいな血液を、

体を動かして、

循環させてくださいね。

 

 

 

***

 

心や身体のこと、食事について

わからないことがあれば

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。