会社ではパソコン。

 

家ではスマホでYoutubeやライン。

 

通勤途中も外出先でも

スマホを手放せない

人たちがたくさんおられますね。

 

もちろん、私もその一人です。 ^^;

 

と、言うことは

座りっぱなしの人

多いと言うことですね。

 

 

姿勢を正さず、ずっと座り続けると

こんな問題が出てきます。

 

 

まずは姿勢が悪いと猫背になります。

 

その影響が首、背中、腰の負担となり

身体中、特に内臓に悪い影響があります。

 

 

 

そして、長時間座った状態が続くと、血流が悪くなり

血液がドロドロになり、結果として

狭心症心筋梗塞脳梗塞などを引き起こします。

また、糖尿病の方のリスクも上がります。

 

 

これらは座り続けることで、全身の代謝機能を

支えている脚の筋肉が活動せず

糖や中性脂肪が

取り込まれにくくなり

血液中で増えてしまうからです。

 

 

脚を使わないと体の重要なスイッチが

オフ状態となり

健康にとても悪いのです。

 

まずは、自分がどれくらい座っているか

をチェックして、案外座っている

時間が長いなー。と、思われた方は、

30分か1時間ごとに

立つ、歩く、運動をする

このどれかで体を動かしましょう。

 

立ったままのデスクワークを

会社で取り入れているところもあります。

 

 

座骨は骨盤の一番下。先端の尖ったところの骨です。

 

 

赤いところが坐骨です。

座骨を立てることを意識して

座ってみましょう。

 

をちゃんと体に乗せて

骨盤を立てて座ると、

どかっと背もたれに体を預けるより

体の疲れ方が違います。

 

楽な姿勢でなく

正しい姿勢で座って、

30分か1時間ごとに体を動かして、

疲れを溜めないようにしましょう。

 

 

***

 

やめたいのにやめられない。

決めたことなのに行動できない。

 

 

マイナス習慣を変えれば

自分のことが好きになれて

自分に自信がつきます。

 

 

習慣を変えて

人生を変えましょう。

 

どうぞ、お気軽に

習慣を変えて人生を変える

無料相談にお声がけください。