昨今、グルテンフリーという言葉を

よく聞くようになりました。

 

グルテンフリー

最初にお話しておきたいことは、

このブログは、アレルギーではない人も、

小麦粉を完全に排除したほうが良いと

いう提案ではありません。

 

 

 

私はなんでも頂く派ですから、

小麦が全てにおいて悪いもの

だとは捉えていません。

 

 

 

どんな食べ物にも

良い面、悪い面があります。

 

 

 

ただ、小麦はあまりにも広範囲に使われ

(パン、菓子、麺、調味料など)

安価であり、とても美味しく

また、依存性、中毒性も持っています

ので食べすぎてしまうのです。

 

 

毎日同じものを食べ続けることで

アレルギーになりやすくなります。

 

 

食べ物の良い面、悪い面を知った上で

頂くことはとても重要です。

 

 

自分の不調がもしかするとグルテンである。

という可能性があるのなら

2週間ほどグルテンをやめてみて、

様子を見ることお勧めしています。

 

 

 

 

少しでも何かの改善があれば

今までよりも小麦粉製品を少なくすると

体や心への負担はかなり少なくなると思います。

 

 

グルテンとは

グルテンは、小麦に含まれる物質で

肥満、疲れ、老化、頭痛、肩こり、

アレルギー、便秘、下痢、

集中力の低下、イライラ、鬱、発達障害

といったメンタルまで様々な

心と体のトラブルに関係していることが

わかってきました。

 

 

 

 

小麦粉に含まれるグリアジンと

グルテニンという2種類のタンパク質に

水を加えてこねると、これらのタンパク質が

絡み合い、グルテンとなって

パンやパスタをモチモチとした食感

にしてくれます。

 

 

 

 

また、グルテンには依存性、中毒性

がありますので、パンやパスタがやめられない。

という方も多いのです。

 

 

グルテンが心と体に影響する理由は

腸への炎症を起こすからです。

 

 

このグルテンが、腸で消化、吸収のトラブルとなり、

腸粘膜を荒らしてリーキーガット症候群

引き起こすことに繋がります。

 

リーキーガット症候群:

腸粘膜が荒れて、目の荒いザルのような腸粘膜となり

十分に分解されていない食べ物の分子が腸から漏れて

体に直接入ってしまい、それが免疫反応を引き起こさせる物質 ”抗原”となり

免疫が過剰に反応してアレルギーを発症させます。

また、腸の解毒作用も弱まり、化学物質などの

有害物質も体内に侵入しやすくなり

「過敏症」が発症しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

グルテンフリーの効果

テニスのジョコビッチ選手はグルテンフリーで

その強さを作ったと言われています。

 

その効果は

・コレステロール値の改善

・ダイエット効果

・腸内環境の改善

・美肌効果

・アレルギー改善

・集中力・記憶力アップ

・鬱

 

小麦製品は血糖値を急激にあげてしまいます。
血糖値の変動が大きいと自律神経を乱し、
鬱状態を引き起こしやすくなります。
グルテンフリーは鬱の改善に繋がります。

・発達障害の改善

グルテンは脳の神経伝達物質の働きを悪くするために
脳への影響が大きく、脳の障害である発達障害方にも
グルテンフリーは勧められています。

 

などここでは書ききれないほどあります。

 

 

 

 

 

 

 

カゼイン

 

乳製品に含まれるカゼイン。

乳に含まれているたんぱく質は2種類

約8割がカゼインで2割がホエイです。

 

このカゼインがグルテン同様に

腸を痛めると言われています。

 

 

ヨーグルトの乳酸菌で整腸作用を期待して毎日食べていると

カゼインに反応してアレルギーを起こす可能性があることから

グルテンフリーをするのなら、乳製品(バターは大丈夫です)の

カゼインフリーも勧められています。

 

 

まずは、どちらも2週間抜いてみて

良い状態を感じたら、完全にやめなくても

緩めのグルテン、カゼインフリーの

食事にすることをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

小麦も、乳製品もやめてしまうなんてできないし、

健康食はお金もかかる。と心配される方も多いのですが、

グルテンフリーは、外国でもかなり一般的になり、

グルテンフリーの商品も増えており、

素材を買い、料理を作ればお金はかかりません。

 

 

小麦に頼らない料理も提案して行きますので

このサイトの幸せごはんのレシピもご参考にして頂くと幸いです。

 

私が料理の時に使う食材では、

できるだけ良いものを使うようにしています。

 

卵ならひとパック540円。

できるだけ国内産のものを買い、

近くで採れたものを買いに車

で出かけて買いに行くことも多いです。

 

 

それでも、食費は毎月少なくなっています。

理由は自分で作ることが多いこと(外食が激減しました)

食事の回数と量を減らして、質の高い食事を心がけるため

医療費やサプリメント等も一切必要がなくなりました。

 

 

安くて便利なものは、後で高額で不便な(

病気になるとう)ことになって行きます。

 

長い目で見て、どんな食の選び方が

一番自分の健康に役立つか

考察されることをお勧めします。

 

 

 

***

 

心や身体のこと、食事について

わからないことがあれば

どうぞ、無料個別相談を

お気軽にご利用ください。